通訳案内士ゆめのつれづれ日記

通訳ガイドのこととか、シングルマザーの野望のこととか

イギリス人がびっくりした日本人のマナー

こんにちは、ゆめです。

今回は、イギリスのロンドン在住の

イギリス人の旦那さんと、トルコ人の奥さんと

11歳の娘さんです。

 

妻:日本の新幹線には感動したわ!!

静かで、きれいで、早くて、時間通りに来るし。

11時30分に到着します、って言ったら

11時30分ぴったりに新幹線のドアが開く。

11時29分でもなく、11時31分でもなく、11時30分ぴったりにドアが開く。。すごいわ。

あまりに快適で東京からの4時間が

あっという間だったわ。

あと、日本人のマナーでびっくりしたのが、

日本人が新幹線を降りるとき、

座席を倒したのをちゃんと元に戻して

自分が出したごみをちゃんと持って

降りること。

次にこの座席に座る人に対するリスペクトを感じて

日本人てすごいと思った!

 

ゆめ:日本人は小学生の頃から自分たちの教室は

自分たちで掃除する教育を受けているし、

自分の身の回りを散らかさないことについて

よその国よりもしつけがいきとどいていると思いますよ。

 

11才むすめ:えーーーっ、教室を自分で掃除するの??

 

ゆめ:そうですよ。トイレだって、音楽室だって、

下駄箱だって、学校中自分たちで全部掃除します。

 

11才むすめ:信じられない!!イギリスでは

考えられないわ。

 

(雨が降ったら雨傘をさす、という話から)

夫:イギリスではあまり雨傘ってささないんだよね。

 

ゆめ:でも、濡れるじゃないですか?

 

夫:そうなんだけどね、傘を持ち歩く習慣が

ないんだよ。だから雨が降ると濡れるわけさ。

 

11才むすめ:わたしも学校に傘なんて持っていかないわ。

 

ゆめ:じゃあ雨が降ったらどうするんですか?

 

11才むすめ:濡れるけど気にしない。

 

ゆめ:日本では子供が学校に行った後に、雨が降り始めると

お母さんが傘を持って学校まで迎えに行ったりしますよ。

 

11才むすめ:日本の子どもは甘やかされてるわ!

 

第二次世界大戦の話から)

夫:ぼくの両親は子供の頃第二次世界大戦を経験しているよ。

父親はロンドンに住んでいたんだけど、

ドイツ軍の空襲が激しくてね。

空襲警報がなると、家の中にあるシェルターに駆け込むんだ。

シェルターと言っても、ちょっと頑丈な金網で

できているオリみたいなもので、

今で言ったら犬が入るケージみたいなやつ、笑。

夜は「ブラックアウト」といって

カーテンを閉め切って明かりも消して

人家があることがばれないようにしていたそうだよ。

小学校とかも爆撃されていて、

ぼくの母親は空襲の時に機関銃でババババーっと

狙われる中を走って逃げた、って言っていた。

戦争の経験は誰にとっても嫌なものだね。

 

空襲といえば、日本の空襲しか体験談を

聞くこともありませんが、

第二次世界大戦てほんと、世界中の人が

巻き込まれた戦争だったんだな、としみじみ感じます。

平和が一番!