通訳案内士ゆめのつれづれ日記

通訳ガイドのこととか、シングルマザーの野望のこととか

40代シングルマザーの100の野望 24番 亡くなった上司となんとかして話す <完結編>

こんにちは、ゆめです。

野望シリーズ24番

「亡くなった上司となんとかして話す」

www.yume35.com

 

 先日、野望シリーズの別の野望の回で

「偶然、チャネラーをしている人と知り合いになり、

彼のイベントに行くことにした、

そしてそこで亡くなった上司のことを

聞いてみようと思う」

という記事を書きました。

(詳しいいきさつはこちら↓)

www.yume35.com

 

行ってきました。。。。

 

そして、そのチャネラーさんに

話を聞いてもらいました。

 

今、家に帰ったばかりで、

もう、、、なんと言ったらいいのか

言葉にならない感情をかみしめています。

15年近く、なぜなのか理由もわからないままに

心にひっかかっていた上司の謎が

解けました。

こんな種類の感動は人生初です。

 

ここでご報告するために

何とか言葉をしぼりだして書こうと思います。

 

結論から言いますと、わたしは

亡くなった上司からのメッセージを

受け取ることができました。

 

そして、その上司は過去世で

わたしの叔父(または親戚)だったそうです。

父親ではない、とチャネラーさんに言われました。

 

過去世で叔父だったその上司は

過去世で私にメッセージを伝えようと思いながら

伝えきれないままに死んだため

今世では上司として現れました。

今世では私にちゃんとそのメッセージを

伝えることができたから心残りなく

死ぬことができたそうです。

 

チャネラーさん「そのメッセージが何かは

ゆめさんはわかってますよね?」

 

ゆめ「え???メッセージ??

えーっと、えーっと、、、あれかな?これかな??」

 

チャネラーさん「上司があなたに伝えたかったことは

 

もっと愛されていい

もっと豊かになっていい

もっと楽に生きていい

あなたの器はこんなもんじゃないよ

 

ゆめさん、あなたは

これまでに愛情に飢えた経験が

おありなんですかね?」

 

ゆめ(号泣)「え、、、上司がそんなことを、、、

はい。私はわりと裕福な家で

外から見ると何不自由のない家庭環境で育ちましたが、

パニック障害&アル中の父親と、

それをなかったことのようにふるまう母親に対して

ものすごい嫌悪感を感じて成長しました。

様々な家族の問題が起こり、それに対する

私の真剣な抗議や意見提案も猛烈に却下され

私は中高校生のころ

家族とはなんだ、

私の考える家族の定義に

この家族はあてはまらない、

私はこれを家族とは絶対に呼ばない

と強く思って育ちました。

人格者だった上司に出会って

彼を父親のように

思いたかったのかもしれません。

本当に尊敬していました。

こんな人が父親だったらな、と。

愛情とか、調和とか、人とはこうあるべき、

みたいなことを、たった5年間でしたが

彼の行動や彼との会話から

たくさん教わりました」

 

チャネラーさん

「ゆめさん、あなたは今の自分の

家族とはうまくいってますね?」

 

ゆめ「はい、私は自分の娘や息子とは

本当にうまくいっています。

自分が、こういう家族だったらいいな、

こういう親子関係だったらいいな、

と考える親子関係を私の息子や娘とは

築くことができていると思います。

私の今の親子関係の中で私はとても幸せです」

 

チャネラーさん

「あなたの家族はけっこう先祖代々、

家族関係では恵まれていなかった人が

多かったようです。

あなたが今、その連鎖を断ち切って

幸せな家族関係を築いていることによって

亡くなった上司だけでなく、

あなたの先祖をも幸せにしていますよ。

あなたは、自分で選んで

この厳しい家庭環境に生まれてきて

家族とは何か、幸せな家庭とは何か、を

じっくり考えたんですね。

そして、自分でそれを作った。

ゆめさんの幸せな親子関係が

先祖もみんな幸せにしていますよ」

 

ゆめ「え、、、、そうなんですね、、、(号泣)

ありがとうございます、教えてもらえてよかったです」

 

 

この野望を最初に書いたとき、

こういう展開は夢にも考えていませんでした。

でも、かなうもんなんですね。

 

日々、ちょっとしたいいことがあった時に

上司や先祖に感謝の気持ちを持つと

彼らからより大きなバックアップがもらえますよ、

チャネラーさんに言われました。

はい、感謝の心を忘れずに日々を過ごそうと思います。

 

その他にそのチャネラーさんから聞いたことを

自分の記録のために書いておこうと思います。

私は「ものすごく勘が鋭い。直感が冴えてるタイプ」

だそうです。

けっこうチャンスは訪れているはずなのに

それを取りこぼしている。

これからはしっかりそれをキャッチするように。

肩の力を抜いて、もっと楽に

こんなもんじゃないくらい豊かに生きられるはず。

この直感とかインスピレーションだと

芸術的なことに向いていると思うし、

何か、ニッチな分野のことを教えたりするのにも

向いていると思う。

コツコツ努力を重ねてきたと思うけど

そういうタイプじゃないですよ。

今すでに持っているもの、

自分が何の苦労もなくできることに

豊かになる種がころがっていますよ。

だそうです。

 

 

んー、、これからはチャンスの神様が歩いてきたら

ガシっと前髪を掴もうと思います!!

えいえいおー