通訳案内士ゆめのつれづれ日記

通訳ガイドのこととか、シングルマザーの野望のこととか

オーストラリアのANZAC DAY

こんにちは、ゆめです。

 

今回も、またまたオーストラリア人。

驚異のオーストラリア人遭遇率です。

メルボルンの郊外からきた20代の女性6人組です。

 

女性1:日本では、コンビニでもどこでも

ビニールの袋をくれるわよね。

プラスチックの廃棄量を削減する世界の流れからすると

ちょっと乗り遅れてるわよね。

 

ゆめ:はい、そう思います。

まだどこに行っても過剰包装だし、

それをよしとする風潮が日本の中には広がっています。

環境のことを考えて

早くそれを改善していかないといけないですね。

 

(海外旅行の話から)

女性2:ゆめはオーストラリアには来たことがないの?

 

ゆめ:はい、ぜひ行きたいと思いながら

まだ行ったことがないです。

 

女性2:オーストラリアで何がしたい?

 

ゆめ:めっちゃ観光客っぽい夢なのですが、

本物のコアラを抱っこするのが

オーストラリアで「やりたいことリスト」の一位です。

 

女性2:あー、それね!!

私もコアラ抱っこしてみたいわぁ〜〜

 

ゆめ:え?オーストラリア人でもコアラ抱っこ

したことないんですか??

 

女性2:コアラってどこにでもいる動物じゃないから

特定の動物園とかじゃないと

抱っこできないのよ〜

私も夢リストに入れとくわ!

 

(戦争の記念日の話から)

女性3:日本は原爆の日終戦記念日があるのね。

オーストラリアはANZAC DAY(アンザック・デイ)というのが

4月25日にあるのよ。

オーストラリアとニュージーランド

トンガなど、いくつかの島で同時に休日になるの。

元々は第一次世界大戦で戦った兵士たちのための日だったんだけど

最近は第二次世界大戦とかベトナム戦争で戦った兵士の

ための日にもなってるわ。

バグパイプを吹きながら街をパレードしたり

国歌を歌ったり

少しお祭り的な雰囲気があるのよ。

ゆめから聞いた原爆の日の過ごし方とは

ちょっと雰囲気が違うわね。

 

ゆめ:ベトナム戦争ですか?

 

女性3:そうよ、オーストラリア軍もベトナム戦争

参加してるのよ。

私の祖父はベトナム戦争に従軍してたわ。

 

ゆめ:オーストラリアがベトナム戦争に参戦してたなんて

知りませんでした。

 

女性3:まぁ、アメリカがメインで戦ってたけどね。

祖父もベトナムで大変だったみたい。

 

ANZAC DAY、初めて聞きました。

日本では戦争記念式典といえば

沈痛な面持ちで式に参列するイメージですが、

お国によって違うもんですね。