通訳案内士ゆめのつれづれ日記

通訳ガイドのこととか、シングルマザーの野望のこととか

オーストラリア人のお客さんとの会話

こんばんは、ゆめです。

 

お客さんがオーストラリア人のことが多いので

自然とオーストラリア人ネタが増えるのですが、

悪しからず。

 

今回は60代のご夫婦でした。

 

 

夫:日本人はとても可愛い格好してるのに、

歯並びがかなり悪い人が多いのが

ものすごーーーく気になるんだけど!

 

妻:それ、私も思った!オーストラリアでは

歯並び悪かったらすぐに矯正するんだけど、

日本人はしないの?

 

ゆめ:そうですね、矯正してる人も結構

いますけど、外国と比べたら歯並びを

気にする人の割合は低いと思います。

 

夫:それがすごく意外。日本て

お金持ってる国なのに、

歯の矯正にはお金をかけないんだね。

 

(戦争の話になった後)

妻:オーストラリアは良くも悪くも

他の国から離れてるから、いろんな紛争に

巻き込まれる危険が少し少ないと思う。

 

ゆめ:そうですね、日本は北朝鮮

近いですからね。でも、最近は物騒な

ニュースが少し減っています。

 

夫:核兵器は本当に怖いね。

オーストラリアでは昔、イギリスが

核実験をたくさん行っていて、

アボリジニの人々がたくさん被曝して

いるんだよ。

今でも、汚染された土地を処理しないと

いけない状況の場所がある。

 

ゆめ:核兵器が使われたのは日本だけですが、

核実験が行われた国はたくさんありますよね。

どの国もそれを大きく報道しなかったら

その国民は何も知らない、って

ことになっちゃいますよね。

 

妻:少し前に東南アジアに旅行に行った時、

戦時中の戦跡を訪ねたことが

あってね。現地でドライバーさんを

雇ったんだけど、自分たちの国で

戦争があったことすら

わかっていない人も結構いた。

学校で習っていない、って

言っていたわ。

 

夫:教育で国民の価値観を自国に

有利なように誘導することもできるけど、

全く教えないってのも、困ると思ったよ。

 

妻:オーストラリアは第二次世界大戦では

英国軍の一部として日本とも戦って

たくさんの死者も出ているのよね。

今はこうやって和やかにお互いの国を

行き来できる状況になっていることに

感謝するわ。

 

ゆめ:そうですね、戦争の時代に

起こったことをきちんと知った上で

一緒に未来をより良いものにして

いきたいですね。

 

日本は第二次世界大戦中に

多くの国と激しい戦闘を繰り広げました。

でも、今、その国の人たちと

和やかに語り合うことができる

ことに私も感謝の気持ちが

湧いてきました。

平和っていいですね。

世界中のどの人も平和を望んでいるんだ、

って心から思います。