通訳案内士ゆめのつれづれ日記

40代シングルマザーのゆる〜い日常

大学は公立だけのカナダ、からのお客さん

こんにちは、ゆめです。

 

カナダのカルガリーからの

お客さんとの話です。

パパ&ママと息子&娘のご家族でした。

 

ママ:カルガリーから来ました。

 

ゆめ:カルガリーといえば、

冬のオリンピックあったところですよね?

 

ママ:カルガリーオリンピックなんて

30年くらい前の話なのに、どこに行っても

冬のオリンピックあったところですね、って

言われるのがとても不思議よ、笑

 

ゆめ:ジャマイカかどこか、南の国の

スキージャンパーが出場してませんでしたか?

 

ママ:それそれ!!!よく覚えてるわね。

ジャマイカよ。彼、とても有名になったわね。

 

ゆめ:ジャマイカのスキージャンパーは

とても印象的でした。でも、成績とか

全く覚えてないですけど。

日本人はスキージャンプとかフィギュアとか

活躍する選手が多いので、日本国内でも

冬のオリンピックは注目度高いんですよ。

 

ママ:羽生結弦は知ってるわよ〜

 

(子供の教育の話から)

パパ:日本は大学は私立の大学もあるの?

 

ゆめ:ありますよ。国立と私立の大学が

両方あります。47都道府県に一つずつは

国立の大学がありますし、その他にも公立の

大学がいくつもあります。

そして、私立の大学はそれ以上にたくさん

あります。

 

パパ:カナダは公立の大学しかないねぇ。

 

ゆめ:え?なんで私立の大学がないんですか?

 

パパ:私立って授業料高いでしょう。

しかも公立の大学の方がずっと評判も

実績もいいんだよ。

だから誰も高いお金を払って私立の大学に

行こうなんて思わないんだよ。

逆に日本はどうなの?公立と私立の大学の

評判は同レベルなの?

 

ゆめ:評判のいい大学は、国立も私立も

両方ありますね。私立にもとても評判のいい

大学はたくさんあります。

 

パパ:だから日本では高い授業料払ってでも

私立に行こうとする人がたくさんいるし、

私立の大学が生き残ることができるんだね。

アメリカにはいい私立の大学があるけど、

カナダにはない。

カナダからわざわざアメリカの私立の大学に

入学しようとする人はほとんどいないね。

だって、アメリカの私立の大学は

授業料がありえないくらい高いんだもん。

 

ママ:カナダは何でもアメリカの影に

隠れちゃって地味な国よね、笑。

 

パパ:アメリカ人は、国内でたくさん

観光するところがあるから、

海外旅行するよりも国内を観光するだけで

十分だ、って人も多いんだけど、

カナダ人は、割と海外に旅行に行こうとする人が

多いと思う。

 

ゆめ:カナダにも素晴らしい観光地がたくさん

あるじゃないですか。

 

パパ:そうなんだけどね〜、でも、なぜか

国外に旅行しようとする人が多い。

そういう国民性なのかもね。

 

アメリカとカナダって、昔は同じような

イメージを持っていたのですが、

たくさんのアメリカ人、カナダ人に

出会うにつれて、二つの国の国民性が

かなり違うなぁと感じるようになりました。

かなり、相当、激しく違うと感じます。