通訳案内士ゆめのつれづれ日記

通訳ガイドのこととか、シングルマザーの野望のこととか

ビール王国ドイツ人の、ビールに対する考え方

こんにちは、ゆめです。

今回は、ドイツのケルンから来たパパ・ママ・息子・娘(高校生)の4人家族です。

普段のお客さんが英語圏の人が多いので、

ドイツ人のプライベートツアーとか

ちょっとテンションがあがります。

 

ゆめ:ドイツといえばビールですよね。

ドイツは水よりもビールの方が安いって話を

聞いたことがあるのですが、本当ですか?

 

パパ:う~ん、水より安いってことはないような

気がするなぁ。

でも、品質の良い水とすごい安いビールを比べたら

そういうこともあるね。

 

ゆめ:ドイツでは何歳からアルコールOKなんですか?

 

娘:親と一緒なら14歳からアルコールを買うことができるわ。

16歳からは親がいなくてもアルコールを買えるわよ。

 

ゆめ:えっ、じゃあ、高校生だけどビール飲むんですか?

 

娘:私はビールがあまり好きじゃないから飲まないけど、

友達は普通に飲んでる。

 

ゆめ:日本では20歳からアルコールがOKになります。

アメリカでは21歳ですよね。

 

パパ:それってずいぶん遅いよね。

例えば、日本は何歳から軍隊に入ることができるの?

 

ゆめ:軍隊というか、自衛隊ですけど、たしか

18歳からです。

 

パパ:国のために命を捧げる人間がビール飲んじゃだめ、

とかちょっとおかしくない??(笑)

 

ゆめ:えっっ、、確かにそうですね。。

 

ママ:命を捧げるのとビール飲んでもいい歳を比べたら

ビール飲んでもいい年が先にくるのが普通よね。

 

ゆめ:ひゃーーーー、確かに、笑!!

 

ベルリンの壁崩壊の話題から)

ゆめ:ベルリンの壁が崩壊したとき、どんな感じだったんですか?

 

ママ:私たちは西側にいたんだけど、

ベルリンの壁が崩壊した当日ではないけれども

もちろん、見に行ったわよ~~。

ワクワクしたわ!

ベルリンのあたりでは、西側の人と東側の人が

一緒に部屋を借りてルームシェアしたりしてたわ。

わたしはその時18歳だったんだけど、

ものすごい歴史的な瞬間に生きているんだと

感動した!

 

第二次世界大戦の話から)

息子:ドイツでは最近、若者がヒットラー

ちょび髭を真似したりして、茶化すというか

面白がるような風潮もあるんだ。

彼らはヒットラーのことを否定しているわけではない。

なんとなく不穏なものを感じるよ。

 

英語圏じゃない人の話はいつもかなり新鮮です。

特に、ビールに対する考え方には笑っちゃいました。

日本も18歳から選挙権だってあるわけだし、

親の承諾なしに結婚していいわけだし、

ビールもほどほどになら飲んでもいいんじゃない?なんて

思いました。