通訳案内士ゆめのつれづれ日記

40代シングルマザーのゆる〜い日常

メイドさんは当たり前のインド人との会話

こんにちは、ゆめです。

 

今日のお客さんは、インドのカルカッタ

お住いのインド人の母娘二人組でした。

 ゆめ:今日は仕事が終わったら買い物して

家に帰ります。

 

娘:ゆめが買い物して晩御飯を作るの?

 

ゆめ:そうですよ。料理をするのは好きですか?

 

娘:ん~、料理はメイドさんが全部やって

くれるから、料理したことないわ。

 

ゆめ:えっ、全然?

 

娘:ええ、全然。

 

ゆめ:うらやまし~~。

 

娘:インドではメイドを雇うことはとても

一般的なことなのよ。

会社で働いている人は全員、家でメイドを

雇っているの。

会社に行くときはドライバーさんが

会社まで送ってくれるのが一般的。

日本とはかなり違うわね。

 

ゆめ:日本でメイドを雇っている、なんて

言ったら、大金持ちだと思います。

 

母:インドでメイドを雇うのはとても

安いのよ。だいたい一つの家庭で二人の

メイドを雇うことが多いんだけど、

一人につき一か月で大体5000円くらいよ。

それプラス、ドライバーさんを雇うのよ。

 

娘:日本人がご飯を食べるときには

箸を使うのが普通なように、

インド人は家ではメイドを雇うのが

普通なのよ。

 

ゆめ:どの家庭もメイドさんを雇っている、

と言ったけど、そのメイドさん自体は

自分の家ではメイドは雇ってないんですよね?

 

母:そうね、彼らはメイドは雇わないわ。

インドは地方に住んでいる人は、

読み書きすらできない人が多くて、

そういった人たちがメイドになって

都市部に出稼ぎにくるのよ。

 

ゆめ:貧富の差が激しいんですね。

 

娘:そうね、貧富の差は相当大きいわ。

 

(英語ではない言語で話す母娘に)

ゆめ:何語で話しているんですか?

 

母:ヒンドゥー語よ。

 

ゆめ:インドにはいろいろ言語が

あるんですよね。

 

母:インドには27個、ローカルな言語が

あるのよ。公用語ヒンドゥー語と英語。

私たちはベンガル語ヒンドゥー語、英語を

話すのよ。

 

ゆめ:3か国語とも母国語のように話せる

なんてうらやましいです。

 

母:英語さえ話せたら世界のどこでも

やっていけるから、英語だけで十分よ。

 

インド人てちょっと押しが強いイメージ

だったのですが、この母娘はとても

マイルドでした。

ですが、ところどころ、インド人ぽい

行動パターンも垣間見えました。

 

例えば、写真を撮ろうとしているとき、

他の観光客が近くに立っていたりして

自分のカメラに写ってしまうような時、

「必ず」、私たち写真撮ってるから

ちょっとどいてくれますか?と

丁寧に言う、とか。

あと、やはりインドの人なので

エビフライとかカキフライとかでも

手で食べちゃってましたね。

文化の違いを見るのは面白いです。