通訳案内士ゆめのつれづれ日記

通訳ガイドのこととか、シングルマザーの野望のこととか

パパ、と言ったらスペイン語でジャガイモだそうです

こんにちは、ゆめです。

今回はメキシコのメキシコシティーから来た

ご夫婦と大学生・高校生・中学生の3人の息子さんです。

 

(宗教のはなしから)

パパ:メキシコは基本カトリックの人が多いね。

我が家もカトリックなんだけどね、

ぼくと妻はしょっちゅうじゃないにしても

教会にも行ってるし、お祈りだってしているし

普通のカトリック教徒だと思う。

でも、息子たち、特に長男は

カトリックに全く関心を持ってないよ。

 

ゆめ:なぜですか?

 

ママ:カトリックの教えがかなり現代の科学と

矛盾しているのが大きな原因かな。

例えば、7日で世界が作られた、とか、息子は

「まじで信じられない」って言ってるわ、笑。

私の父母の時代はとても敬虔なキリスト教徒が

多かったけれど、

私たち(50代)の世代は、まぁそこそこな

感じのキリスト教徒が多い。一応教会には

行くけれども、そこまで熱心じゃない。

息子たちの世代は、どんどんキリスト教離れ

していると思う。

神父になる人がいなくて問題になってるわ。

 

パパ:だって神父は結婚もできないし、

神父の様々なスキャンダルなんかも明るみに出て

とても不人気な職業になりつつあるんだよ。

 

ママ:あと、大きな問題は、女性は神父には

なれない、てことだと思う。

時代にそぐわない慣習よね。

 

スペイン語の話題から)

大学生:日本語は発音がスペイン語と良く似ているんだよ。

日本人はスペイン語を耳で聞いた通りに言ってみたら

ほぼ正確な発音ができるらしいよ。

 

ゆめ:何かスペイン語の単語言ってみてください。

 

大学生:Yo soy Jose.(ジョ・ソイ・ホセ)

わたしはホセです。

 

ゆめ:ジョ・ソイ・ホセ。

 

大学生:カンペキ!!!

 

ゆめ:スペイン語でママとパパはなんて言うんですか?

 

高校生:ママ・パパ。

 

ゆめ:ママ・パパ。日本語と全く同じ!

 

高校生:あ、でもパパはアクセントが後ろにくるんだ。

。2個目のパにアクセント。

日本語みたいに最初のパにアクセントがきてパと言ったら

それは、「ジャガイモ」っていう意味なんだよ。

 

ゆめ:全く同じ発音でアクセントの位置の違いだけで

お父さんとジャガイモの違いになっちゃうの?

 

高校生:そう、笑

 

(あんこの話題から)

パパ:あんこだけは食べられないなぁ、

メキシコにも豆はたくさんあるんだけど、

豆は塩味なんだよ。だから甘い豆なんて

絶対無理だーーーー。

なんで豆を甘くしなくちゃいけないのか

これだけは理解できない。

 

(車の話題から)

大学生:メキシコでは日本車はとても人気があるよ。

トヨタニッサン、ホンダ、マツダ

どれも性能がいいね。

我が家は日本車とフォルクスワーゲンばっかり

乗ってるよ。日本でアメリカの車を全然見ないことに

びっくりした。

 

メキシコ人て気さくで大らかな印象の人が

多いような気がします。

スペイン人とメキシコ人て国民性は

結構ちがうのかな。明日も会うので

聞いてみようと思います。