通訳案内士ゆめのつれづれ日記

通訳ガイドのこととか、シングルマザーの野望のこととか

日本人はなぜお辞儀をするのか

こんにちは、ゆめです。

 

約1ヶ月ぶりの投稿です。

 

この1ヶ月、通訳ガイドの繁忙期で、

ついブログを書くのをサボってしまいました。

ブログを書かないでいると

1日のツアーが終わった時

お客さんとの会話が全然頭に残ってないんですよね、、、

あー、今日もいい1日だった、で終わってしまう。

 

やはり、何らかのアウトプットをしようという意識を

持っているのとそうでないのとでは

全然違うもんだと思いました。

 

あと2週間ちょっと怒涛の日々が続く予定なのですが、

なるべくブログを書いていこうと思います。

 

今回はスウェーデンからの団体さんの

お話です。

 

この団体さんのツアーリーダーが日本庭園マニアで

かなりの日本文化オタクでした。

 

(バスツアーを始める前の打ち合わせで)

庭園マニア:お客さんにはバスの中で

日本の文化のことについても是非少し話をしてあげてください。

 

ゆめ:わかりました。

前の訪問地で聞いてないようなことを

話した方がいいですよね。

どんな話題がこれまでのツアーで出ていましたか?

 

庭園マニア:天皇の話は東京で聞いているし、

神道と仏教の違いについては京都で聞いているので、

お辞儀の話とかしてもらえますか?

 

ゆめ:わかりました、15度とか30度とか90度とかですね。

楽しく話を持っていきます。

 

庭園マニア:あと、どうして日本人はお辞儀をするのか、

その理由も是非。

 

ゆめ:え??どうしてお辞儀、、、、???

ドキッとすることおっしゃいますね。

そんなこと考えたことなかったです!!

頭を下げることで相手に敬意を表すためなんじゃないですか?

 

庭園マニア:これが絶対てわけじゃないと思うけど

昔、相手に対して頭をぐっと下げるという行為は

相手に首を切られてもいい、という

降伏の意思を表す行為だと勉強しました。

 

ゆめ:ヒョエ〜〜〜〜

打ち首になってもいいという降伏の意思。。。。

ありがとうございます。

大変勉強になりました。

 

スウェーデンの白夜の話題から)

お客さん:スウェーデンでは夏は白夜が有名だね。

南北に長い国なので当然北のほうが日が昇っている時間が

長くなる。

北のほうでは夜の12時過ぎに日が沈んだかと思ったら

1時間くらいしたらもう日が昇るんだ。

まぁ、白夜といっても

夜明けと夕方が長い感じ、というのが

当たってる言い方だと思うね。

 

スウェーデン、いつか絶対行ってみたいです。

スウェーデン人のお客さんはこれまでに何度か

案内したことがありますが、

印象的にはおとなしくて穏やかな人が多い気がします。

ちょっと日本人ぽい気もします。

ただ、皆さんとても背が高いし、肌も白いので

見かけは日本人とは似ても似つかないですが、笑。