駆け出し通訳案内士のつれづれ日記

「王道」じゃない道を鼻歌うたいながら生きていく〜

通訳案内士(通訳ガイド)のゆめが英語の勉強に使っている教材

こんにちは、ゆめです。

 

今日は、わたしが英語の勉強で

よく使っている教材を

ご紹介しようと思います。

一応、わたしの真面目なところも

アピールしたい、という魂胆です。

 

英語を学習する人の間では

有名なサイトですが、

「 TED」

というサイトの動画を

よく見ています。

 

TEDというのは、

アメリカの非営利団体で、

毎年大規模な講演会を開いています。

いろんな人がいろんなことを

しゃべります。

 

一人15分くらいの講演を

するのですが、その様子を

動画で見ることができます。

 

シリアスなのから

面白いのまで

たくさんありすぎて

どれを見ようか迷います。

 

わたしは、やはり

面白いのが好きです。

ちょっと前に、どなたかのブログで

「The Shared Experience of Absurdity」

(バカバカしい経験の共有)

という講演が紹介されていて

見てみたら、

本当に楽しいやつでした。

 

もし、お時間ある方は

是非見てみてください。

 

日本語で見たい方は、

画面の右下にある

吹き出しマークを押すと

いろんな言語のリストが出てきます。

その中でJapaneseを選ぶと

日本語の字幕でも見ることができます。

 

www.ted.com

いわゆる日本の「ドッキリ」ですね。

アメリカっぽくて笑えます。

 

ユーモアがあると

生活がちょっと楽しくなりますね。

誰も傷つけないユーモアが

好きです。

 

毎日仕事や家事にいそがしくて

カリカリしてしまう状況でも

ちょっとした笑いを作る

心の余裕を持っていたいと

思います。

 

昨日ゆめが見たTEDの講演は、

「A celebration of natural hair」

(自然な髪を祝う)

でした。

黒人女性の講演でした。

彼らに特有の縮れっ毛を

パーマなどでまっすぐにしようとせずに

ありのままの髪を楽しもう!

というものでした。

 

とても共感しました。

ありのままの自分を表現することって

時には勇気がいります。

でも、それができた時には

ありのままの自分を

受け入れてくれる人と出会う

きっかけを得ることでもあります。

 

「〜であるべき」「〜した方がいい」

誰かが言っていた言葉に

縛られない自分でいたいです。

www.ted.com

 そして、どの講演を見ても

シリアスな講演の中にさえ

ちょこっと笑いを取るところを

入れているのが素敵だなと

思います。

 

日本人とは違った感性の持ち主の

人たちの話、面白いです。