通訳案内士ゆめのつれづれ日記

通訳ガイドのこととか、シングルマザーの野望のこととか

タイ旅行記②タイ料理でお腹こわした

こんにちは、ゆめです。

タイに到着した翌日、早速タイ料理に挑戦しました。

 

わたしは、辛いものは苦手なのですが、

せっかくタイに来たからには

タイ料理を食べなきゃね!!

と、さっそく張り切って食べました。

 

 

別に激辛を頼んだわけではありません。

 

マイルドなやつを選んで注文しました。

 

しかし、「ハウスジャワカレー」で辛口を

食べられないわたしが

タイの「マイルドな」料理に太刀打ちできるわけは

ありませんでした。

 

味は美味しかったのですが、

途中から舌がピリピリして味がわからなくなりました。

 

わたしは、胃腸の強さには自信がありました。

その前に訪れていたカンボジアでも

何を食べても平気でした。

日常生活でもお腹をこわすなんてことは

ほぼ皆無。

 

なので、「ま、少しくらい大丈夫でしょう」と

たかをくくっていました。

 

その考えは甘かった。。。

「万が一のために」持って行っていた正露丸

瞬く間に数が減り、

翌日の観光は「トイレに行こうと思ったときに

行けるところ」という制限がかかりました。

 

でも、旅行中です。

いろんなものを食べたい。

あれも美味しそう、これも美味しそう。

 

そうだ、辛くなければいいじゃね??

 

ソフトクリームとかなら平気だし。

 

その度に30分もしないうちに

トイレ休憩を挟む羽目になりましたが。

 

完全にお腹が復活したのは

3日後、、わたしがタイを出国する日でした。

 

弱ったお腹に優しかった食べ物ベスト3は、

1位:ヨーグルト

2位:ミネラルウォーター

3位:ビール

 

2位と3位は食べ物じゃなかったですね。

でも、この3つは口にしても

すぐにはトイレには行かずにすんだ

黄金の食物でした。

 

でも、こんなお腹でもわたしは

何だかんだ色々食べてました。

でも辛いものは、、、もう食べられませんでした。

辛くないもの、で選ぶと

日本でも食べられるだろー、みたいな

普通の食べ物になっちゃいましたが。

 

屋台のチャーハンとか

普通のフライドポテトとか

スイーツとか

 

どれも美味しかったです。

タイばんざい。