通訳案内士ゆめのつれづれ日記

40代シングルマザーのゆる〜い日常

アメリカ人はなぜソフトクリームが好きなのか?アメリカ人の考え

こんにちは、ゆめです。

今回は、サンフランシスコからの70代のご夫婦です。

(ソフトクリームを食べているアメリカ人らしき

観光客を見て)

ゆめ:アメリカ人てものすごくソフトクリーム

好きですよね。どうしてそんなに好きなんですか?

 

妻:ん~、自分的には、だけど、

アイスクリームとかソフトクリームっていうのは

子供の頃の特別な感情を思い出させるものなの。

夏になると、お父さんが「よ~し、今日は

アイスクリームを食べに連れていってやるぞ」

と言って車でちょっと行ったところにある

アイスクリームやさんに連れて行ってもらえるの。

アイスクリームを見ると、その時のとっても

ハッピーな気持ちを思い出すわね。

他のアメリカ人がなんでアイスクリームが好きかは

よくわからないけど、私にとっては

アイスクリームはそういうものよ。

 

トランプ大統領の話題から)

妻:ほんとうにトランプ大統領はクレイジーだわ。

 

ゆめ:私が出会うアメリカ人のお客さんは

ほぼ100%トランプ大統領のことを

悪く言いますが、でも、彼は選挙で選ばれてる

わけですよね?

 

妻:彼はアメリカ社会の中の、白人の低所得層に

支持されたのよ。自分たちの貧しい状況を

改善してくれるという希望を持って。

彼はビジネスには向いているのかもしれないけれど

アメリカ全体のためには正しいことをしているとは

思えないわ。

 

(会社勤めの話題から)

夫:企業の品質向上に貢献した、

エドワーズ・デミングって人のこと知ってる?

 

ゆめ:いいえ、初めて聞きました。

どんな人なんですか?

 

夫:戦前、戦後に活躍したアメリカの統計学

なんだけどね。日本に滞在しているときに、

統計学者としての立場から

日本の企業に品質向上のためのアドバイスをして、

日本企業はデミングの提唱する手法を

しっかりと取り入れた。

そのおかげで日本製品の品質が戦後に飛躍的に

向上したんだよ。

これによって日本製品はコスト削減に成功して

日本製品が世界を席巻することになった。

アメリカに帰った彼は、アメリカでも同じことを

提唱したんだけど、アメリカ人は彼の意見に

全く耳を傾けなかった。

日本製品に完全に押される状況になって初めて

日本製品はなぜあんなに高品質なのか?」と研究したわけさ。すると、日本人が

終戦後にデミングが提唱した手法を

取り入れたからだ、ということがわかった。

アメリカ人も最初からデミングの言うことを

ちゃんと聞き入れておけばもうちょっと

経済状況も変わっただろうにね。

自動車会社のフォードとかもデミングの

手法を取り入れることで1980年代に

復活を遂げているんだよ。

 

デミング、って初めて聞きました。

日本製品が高品質になった陰にこんな学者さんが

いたんですね。