通訳案内士ゆめのつれづれ日記

通訳ガイドのこととか、シングルマザーの野望のこととか

日系人がハワイで経験したこと

こんにちは、ゆめです。

今回はアメリカ カリフォルニア州在住の

ご夫婦&高校生の娘さんです。

 

ご主人はアメリカ海軍にお勤めで、

奥さまは、ハワイ出身の日系アメリカ人でした。

 

わたしは主に広島でガイドをしているので

平和や戦争に関する話題がどうしても多くなりますが、

今回も戦争の話題です。

 

奥さん:わたしの両親はハワイのオアフ島に住んでいた

日系二世なのよ。わたしも結婚前はオアフ島に住んでいたんだけどね。

 

ゆめ:じゃあ、ご両親は第二次世界大戦

ハワイで経験しているんですね。

オアフ島パールハーバーもあるし、

いろいろつらい経験をされたんじゃないですか?

 

奥さん:私の両親は当時はまだ子供で、

両親の家族はオアフ島に住んではいたけれど、

強制収容所には入れられずにすんだみたい。

でも、両親の叔父はシアトルからハワイにやってきて

ハワイで地元の人を集めて何か演説みたいなことを

やっていたもんだから

強制収容所に入れられたわ。

戦後は、オアフ島では、両親はアメリカ人から

つばをはかれたことがある、って言ってた。

 

ゆめ:戦争はどこにいてもつらいものですね。

 

北朝鮮の核ミサイルの話から)

奥さん:去年、ハワイでは

北朝鮮がハワイに向けて核ミサイルを発射した」

という大誤報が流れて大騒ぎになったんだけど

知ってるかしら?

 

ゆめ:はい、もちろん知っています。

 

奥さん:私はカリフォルニアにいたから

その大誤報は自分のスマホでは受け取っていないのよ。私の妹がオアフ島に住んでいてね。

彼女は家にいるときに自分のスマホ

北朝鮮がハワイに向けて核ミサイルを発射した」

という誤報メールを受け取ったのよ。

 

ゆめ:怖いですね。妹さんはどうされたんですか?

 

奥さん:私の所に電話してきて

「もう多分死ぬと思う。愛しているわ。さようなら」

って言ったわ。私も突然妹からこんなこと言われて大パニックよ。

妹は親戚とか友人とかあちこち電話して

お別れの挨拶をしたらしい。

で、30分ほどしてからやっとそれが

誤報だとわかったわけ。

本当にあの時は多くの人が死ぬ覚悟をした、って

妹は言ってたわ。

あんな誤報、ありえないわよね。

 

原爆資料館を訪れた後)

娘:こんな悲惨な事実があったなんて

全く知らなかった。今回、日本に行くって言ったら

親戚から、「あなたは半分日本人で半分アメリカ人だから、

他の人よりもつらい気持ちを味わうと思うわ」って

言われたんだけど、ほんとにそうだった。

 

ゆめ:学校の歴史の授業で原爆のこととか

習うんですか?

 

娘:私は学校の歴史の授業ではナチスの話ばっかり

詳しく習ったわ。第2次世界大戦はヨーロッパの戦争だと

みんな思っていると思う。

原爆については

アメリカが日本に原爆を落とした」、くらいかな。

全然習わなかった。多分、アメリカは

原爆投下について罪の意識もあるんじゃないかな。

 

先日、北朝鮮アメリカの会談で北朝鮮の非核化に合意しましたが、

早くそれが本当に行われることを切に願います。

時々感じるのですが、アメリカ人て日本人よりも

「死」を少し身近に感じているような気がします。

日本に住んでいる限り、病気か交通事故くらいしか

自分が死ぬ場面を想像できませんが、

アメリカ人は犯罪とか戦争とかテロとか

日本人よりも別の死因が頭の片隅にあるのね、と

感じたことが何度かあります。日本て平和だな。