通訳案内士ゆめのつれづれ日記

通訳ガイドのこととか、シングルマザーの野望のこととか

「原爆ドームって何?」ってアメリカ人に聞かれました

こんにちは、ゆめです。

今回は、アメリカ ワシントンDCから来た

お父さんと息子くん(18歳)のお二人です。

 

最近、ちょっとバタバタしていて、

ツアーをしたその日のうちにブログを書かないでいると

会話の内容をすっかり忘れてしまう、

ということに気づいたわたくしです。

人との会話って、書き留めておかないと

後から思い出そうとしても難しいものですね。

一期一会の仕事なので、

自分の記録のためにもなるべくブログに

書き残しておこうと思います。

 

(2年前にオバマ大統領が広島を訪問したという話から)

パパ:オバマ大統領は見れたの?

 

ゆめ:いいえ、その時は平和公園は誰も入れなくしてあって

私は自宅のテレビで見ていました。

 

パパ:僕は、ワシントンDCにある有名なゴルフコースの

中に住んでいてね。オバマ大統領がよくここでゴルフを

するんだよ。僕の自宅の裏がゴルフコースなもんで

オバマ大統領をちょくちょく見かけるよ。

彼は偉大な政治家ではなかったかもしれないけれど、

人間としてはとても立派な人だと思うよ。

(この、ゴルフコースの「中」というのが理解できなかった

のですが、結局最後までどういうことなのか聞きそびれました)

 

ゆめ:オバマ大統領を見られるなんてすごい!!

オバマ大統領は、大統領を退任した後も

ワシントンDCに住んでいるんですね。

 

パパ:一番下の娘がまだ高校生で、

来年大学に入るんじゃなかったかな。

これまで通っていた学校を転校するのも

娘さんにとっては大変だし、彼女が高校を卒業するまでは

ワシントンDCにいる必要があるんだよ。

 

ゆめ:オバマ大統領の娘さんはどこの大学に行くんでしょうね。

ハーバードとかですかねぇ。

 

息子:彼女は頭が良いらしいし、きっとどこの大学でも

行きたいところに行くんだろうね。

僕は彼女とは違う高校だったけど、彼女は頭が良くて

交友関係、結構ハデだって聞いたよ、笑。

 

パパ:僕もその噂は聞いたことがあるよ。

まぁ、超有名人の娘だったら何しても目立つよね。

 

(宮島の鹿を見て大興奮する二人)

息子:アメリカにも鹿はいるけど、こんなに

人に懐く鹿がいるなんてびっくりだよ!!

なんて可愛いんだ。

アメリカで鹿を見かけることはあるけど、

人の姿を見ると急いで姿を消してしまう。

一体どうやったらこんなに手なづけることが

できるんだろうね。

 

(これから原爆ドームに行きます、という話から)

パパ:原爆ドーム、って言った?原爆ドームって何??

 

ゆめ:屋根が丸いドーム形の建物で、原爆の爆心地のすぐそばに

あったのですが、全壊を免れて今も立っているものです。

写真を見たことないですか?

 

パパ&息子:う〜〜ん、見たことないなぁ。

 

パパ:で、そのドームは何か特別な建物なの?

 

ゆめ:ノーモア広島のシンボルとして、永久保存されています。

1996年にユネスコ世界文化遺産に認定された建物なんですよ。

とにかく、広島のシンボルだから、原爆ドームだけは外せません。

 

わざわざ広島に来て原爆や平和について知ろう、という

意識の持ち主の方ですら、原爆ドームのことを知らない人も

わりといるのです。

このお客さんはプライベートツアーのお客さんで、

私に何でも質問できる状況にあったから

原爆ドームって何?」と聞くことができましたが、

団体ツアーのお客さんだと、そういう質問はできる状況じゃないことも

よくあります。

私達からして当たり前、と思っていることは

外国人にとっては当たり前じゃない、ことを

心に留めておかないといけないなと思った出来事でした。