通訳案内士ゆめのつれづれ日記

通訳ガイドのこととか、シングルマザーの野望のこととか

大企業がたくさん生まれる街、シアトルからのお客さん

こんにちは、ゆめです。

今回はアメリカ シアトルから来たご夫婦と、

その娘さん(23才)、息子さん(19才)です。

 

ゆめ:シアトルの会社といえばすぐに

スターバックスが思い浮かぶのですが。

 

娘:そうね、シアトルから生まれた会社は

割と有名な会社も多いわね。

スターバックスコストコ、アマゾン、

マイクロソフトなんかもシアトルの会社よ。

ビル・ゲイツはシアトル出身の人なのよ。

 

ゆめ:ものすごい大企業が生まれた街なんですね。

でも、なんでこんなに集まってるんでしょうね。

 

パパ:ワシントン大学てのがシアトルにあって、

そこはIT関係の学部がすごく有名なんだ。

まぁ、マイクロソフトもあるしね。優秀な学生が

世界中から集まる理由にはなってるんじゃないかな。

 

タリーズを見て)

息子:日本はスターバックスもたくさん見かけるけど

タリーズもあるね。実はタリーズもシアトルの会社なんだよ。

 

ゆめ:そうなんですか!シアトルではスターバックス

タリーズだったら、どちらが人気があるんですか?

 

息子:スターバックスだね、笑。コーヒーショップの

ライバル同士が同じ街から生まれてるなんて面白いよね。

 

タリーズのことを、シアトルの彼らは「トリーズ」って

発音していました。タリーズ、って発音するもんだと

思っていたので、一瞬何言ってるのかわからず

ちょっと戸惑いました)

 

(飲み物の話から)

ゆめ:アメリカの若い人はどんな飲み物を飲むんですか?

 

息子:コカコーラとか、ペプシとか、あとは

マウンテンデューとか?マウンテンデューって知ってる?

 

ゆめ:知ってます。でも、最近あんまり見かけない気がします。

 

息子:勉強とかで忙しい時はモンスターを飲むときもあるよ。

 

ゆめ:エナジードリンクの?

 

息子:そう。

 

 

息子:アメリカでもモンスターとレッドブルが人気だよ。

多分、モンスターの方がよく効くんじゃないかな。

 

 

(お酒を飲める年齢の話から) 

娘:アメリカは21才からよ。でも21才になってなくても

こっそりお酒を飲む人もいるわ。

 

ゆめ:日本でも昔は高校を卒業して大学に入ったら

みんな結構堂々と飲んでた記憶がありますが。

21才て、なんだか微妙な年齢ですね。日本では20才が

大人、っていう観念ですが、アメリカは違うんでしょうね。

 

娘:アメリカは16才で運転免許取れるのに、お酒は21才だなんて

絶対変よ。日本では飲酒運転は絶対ダメだ、って言ってたわね。

アメリカではほんの少しなら飲んで運転してもいいのよ。

酔っぱらってたら絶対だめだけど、ビール1杯くらいならOK。

 

アメリカで大企業が集まってる都市といえばシリコンバレーくらいしか

イメージがなかったのですが、

シアトルってすごい街なんですね。