通訳案内士ゆめのつれづれ日記

通訳ガイドのこととか、シングルマザーの野望のこととか

日本も普通に銃社会だと思っていたアメリカ人の反応

こんにちは、ゆめです。

今回はアメリカ サンフランシスコから来た

パパと娘(18才)です。

 

パパ:今、ぼくの家で面倒を見ている青年がいてね。

レスリンングでアメリカ代表を目指していて

あとちょっとのところにいる子なんだよ。

ぼくも今はこんな体型だけど(かなりの巨漢)、

昔はレスリングをやっていたもんだから

今、レスリングをやっている子供達の

サポーターをしているんだ。

 

ゆめ:ご自宅で面倒を見てあげるなんて

すごいサポートですね。

何かきっかけがあったんですか?

 

パパ:実は彼のお兄さんがついこの間

射殺されてね。

彼のお兄さんはドラッグを売買してたんだ。

で、そこでトラブルが起きて恨みを買って

射殺されちゃったのさ。

で、ぼくの家に転がり込んでる、って言った方がいいかもね。

 

ゆめ:そんな身近なところに銃の犯罪で死ぬ人が

いるなんて信じられません。

日本で想像できる死因は、

病気か、交通事故か、自殺くらいですかね。

銃で死ぬなんて選択肢は日本にはありません。

 

パパ:誰も銃で犯罪を犯さないの?

 

ゆめ:ええ、だって誰も銃を持っていないんですから。

銃を持っているのは警官くらいのもんです。

だから、日本で殺人事件が起きるときは

凶器はたいていはナイフです。

多分、日本で一番危険な人は、

何かに恨みを抱えながら

ナイフを持っている人です。

 

パパ:えっ?そうなのーーーーーー???

ナイフで殺人事件を起こしちゃうんだ!!!

驚きだよ。

日本てとてもハイテクで何でも技術が進んでるけど、

殺人事件はかなり原始的な方法なんだね。

日本の技術があったら、すごい銃とか

作ってそうだけど、そんなことはしないんだね。

 

第二次世界大戦の話から)

パパ:妻の祖父は第二次世界大戦中、

捕虜としてフィリピンに3年、日本に1年収容されていたんだ。

とてもひどい経験をしたらしい。

ぼくの両親も原爆を落としたというニュースを

覚えている、と言っていた。

 

ゆめ:心が痛みます。原爆のニュースは

アメリカでは大々的に伝えられたんですか?

 

パパ:どれくらい大々的だったかはわからないけれど、

両親は「やったー、戦争に勝った!」と喜んだらしい。

日本軍は強かったからね。

でも、戦争が起こっているその現場や

捕虜でひどい扱いを受けている現場、

原爆が落とされたその現場は、どれも悲惨だね。

勝ったも負けたもない。

戦争は誰も幸せにしないと思うよ。

 

ゆめ:本当にそう思います。どこかで

「憎しみの連鎖」を断ち切らないといけないし、

この経験を戦争のない世界のために生かさないと

いけないですね。

 

いやぁ、ナイフで人を殺すなんてことが今の時代でも

あるんだね、と驚かれたことに驚きました、笑。

アメリカは銃が当たり前の社会であることを感じた瞬間でした。