通訳案内士ゆめのつれづれ日記

通訳ガイドのこととか、シングルマザーの野望のこととか

にわかファンて英語でなんていうの?

こんにちは、ゆめです。

今回は、アメリカ ニュージャージー州から来た

50代のご夫婦です。

 

夫:ワールドカップが盛り上がってるね。

日本は残念だったけど、ゆめはテレビで見たのかい?

 

ゆめ:はい、私は普段は特に熱狂的なサッカーファンではない

のですが、ワールドカップだけは急に見ちゃう人です。

 

夫:それは英語ではfair weather fan

(天気がいい時だけのファン=にわかファン)

言うんだよ、笑。

ま、ぼくもfair weather fanだけどね。

 

ゆめ:へー、初めて聞きました!

で、どこの国が優勝すると思いますか?

 

夫:だから、僕はfair weather fan(にわかファン)なんだってば、笑!

 

ニュージャージーから来た、という話から)

ゆめ:ニュージャージーがどこにあるかも

イマイチわかっていないのですが、、

 

妻:とっても小さな州よ。東海岸で、

ニューヨークの下、ワシントンDCの横あたり、

と言ったらわかるかしら?

ニュージャージーで有名なものと言ったら

薬品系の会社かしらね。

ジョンソン&ジョンソン、ファイザー

ノバルティスとかはニュージャージーの会社よ。

 

(野生の動物を見る、という話から)

妻:わたしたちは、山で野生の動物を見ることも

よくあるわ。去年、山を歩いていて、

絶対これはつい30秒くらい前にクマがかじって

捨てたでしょ、っていう、サーモンの生々しい

上半身が河原に転がっていて、恐かったわ~。

 

ゆめ:日本では「山でクマに出会ったら

死んだふりをしろ」なんて話を聞くのですが、

アメリカでも同じことを言うんですか?

 

夫:死んだふりをしろ、っていう説も聞くよ。

でも、アメリカでは「クマに出くわしたら

そーっとあとずさりして、距離を取ったら

近くの家に駆け込め」説の方が有力かな。

 

(スーパーのレジ袋を辞退しながら)

妻:日本は、進んでいる国だけど、ちょっと過剰包装よね。

スーパーのレジ袋、お土産物屋さんの包装紙、

環境のことを考えたら、なくてもいいと思うんだけど。

 

核兵器が戦争の抑止力になり得るか、という話題から)

夫:抑止力にはなり得ると思う。

核兵器を持っていなかったら、攻撃されると思う。

今のアメリカに戦争をしかけてくる国は

ほぼいないと思うよ。

アメリカは強い国だとみんなが知っているから。

核兵器について特に怖いと思うのは、

これがテロリストの手に渡った時だと思う。

世界中には行方不明になった核物質が

本当にたくさんあるんだ。

それがアメリカに持ち込まれて使われたら大変だよ。

 

ん~~、核兵器や戦争についての考え方については

あまり賛同はできないですが、

その他の会話は本当に楽しいご夫婦でした。

そして、話していて自然と笑みがこぼれてしまうくらい

聞き取りやすい英語を話すお客さんでした。

仕事でいろんな国の人と話す機会が多いらしいので

私向けにわかりやすく話してくれたのかも知れませんね。

ありがたや~~~~