通訳案内士ゆめのつれづれ日記

通訳ガイドのこととか、シングルマザーの野望のこととか

アリゾナ在住アメリカ人のお客さんと死後の世界について会話

こんにちは、ゆめです。

 

今回はアメリカのアリゾナ州から来られた

60代後半くらいのご夫婦との会話です。

 

 

夫:日本人は仏教の教えのせいで

死んでもまた生き返る、って

思っているんでしょう?

 

ゆめ:はい、仏教のせいかどうかは

全く自覚はないですが、私は

自分には前世があると思ってるし

死んでもまた別の人生を生きると

思ってますよ。

キリスト教では死んだらもう

生き返らないんですよね?

 

妻:そうよ。死んだらもう天国に

行って、それで終わりよ。

地上に戻ってくることはないわ。

 

ゆめ:ご主人も同じ考えですか?

 

夫:ぼくは家はプロテスタントだけど、

どちらかというと無宗教なんだよね。

死んだらきっと幽霊になるよ。

 

ゆめ:そうですね、私は、体は死んでも

魂は生きてるような気がします。

 

夫:うちに昔、猫を飼っていてね。

死んじゃったもんだから

新しい猫を飼い始めて

今は三匹飼っているんだよ。

そのうちの一匹が、時々、

どうみても死んだ猫と全く

同じ動きをするんだよ。

最初の猫が死んた後に

新しく飼い始めた猫なんだよ。

なのに、時々急に人格?が

変わって死んだ猫が生き返ったのかと

思うような動きをするのさ。

しばらくすると、元に戻るんだけど

本当に不思議だよ。

だから僕は死んだ猫の魂は

存在していて、今うちにいる猫に

ときどき乗り移ってるんじゃないかと

思ってるよ。

 

ゆめ:ぎょえーーー、それ、

ちょっと鳥肌たっちゃいました。

 

(ゆめがシングルマザーだという話から)

妻:私たちも実は再婚同士なのよ。

私には子供が二人いて、

彼には子供が三人。

お互いの子どもも大きくなってたから

一緒になるのには大きな障害は

なかったわ。

彼はフランス人なのよ。

アメリカに仕事でやってきていて、

知り合ったの。

私と結婚するためにアメリカに

住んでくれて、それ以来

20年間アメリカ生活をしているわ。

 

ゆめ:すごい、再婚で国際結婚なんですね!

しかも、わざわざフランスから

アメリカに移住してくれるなんて!

 

夫:フランス男は情熱的なのさ、笑。

 

ゆめ:今はシングル生活が楽しすぎて

再婚する気とかさらさらないけど、

いつどんな素敵な人と出会うか

わからないですよね。

 

夫:世の中には情熱的な男性は

たくさんいるから、そういう男を

つかまえるのも楽しいと思うよ。

 

ゆめ:そうですね、愛情表現とか

豊かな人ってすてきですよね。

 

ユーモアたっぷりなご夫婦の

娘にでもなったかのような気分を

味わった一日でした。