通訳案内士ゆめのつれづれ日記

40代シングルマザーのゆる〜い日常

元ビジネスマンのアメリカ人との会話

こんにちは、ゆめです。

 

今回はシカゴから来られた

60代ご夫婦の話です。

 

夫:ぼくは会社で働いていた頃は

日本の会社とも取引があってね。

日本人の仕事のやり方にはとても

感心していたよ。

僕たちも見習わないといけない。

日本人だけじゃないけど、

アメリカ人とビジネスをしようとする

外国人は、みんな僕たちに合わせて

英語で話してくれるよね。

そこに敬意を払わないといけないね。

ビジネスパートナーが何が好きなのか、

その国の習慣は、歴史は、食べ物は、

全部勉強してからビジネスに臨んでいる。

ぼくが「〜が好きだ」とか

「〜に関心がある」と言ったら

次のミーティングの時にはそれに関する

ものを提供してくれたり、

日本人の細やかさには驚きの連続だったよ。

 

(日本人の英語の発音には独特の

アクセントがある、という話から)

 

夫:仕事をしていた時、面白いことが

あってね。ぼくの会社と、日本企業と、中国企業

一緒にビジネスをする機会があったんだ。

ぼくと日本人と中国人、3人で会議をしたんだけど、

日本人は思いっきり日本語なまりの英語、

中国人は思いっきり中国語なまりの英語で

話すわけさ。

3人とも「英語」で話しているんだけど、

日本人と中国人はお互いが何を言ってるのか

わからなくてね。

ぼくが間に入って「通訳」したよ。

英語から英語に通訳、笑。

あれは面白かった、忘れられないエピソードだね。

 

(野球が好きだ、という話から)

夫:大谷翔平はすごいね。全米が注目してるよ。

彼みたいな人は後にも先にも現れないんじゃ

ないかな。

どの球団も彼を欲しがっていた、

あぁ、シカゴカブスに来て欲しかったな。

 

ゆめ:シカゴカブスは、108年ぶりに

優勝したんですよね。すごいですね。

 

妻:私の父は10年くらい前に80歳で

死んだんだけど、大の野球ファンだったの。

でも、シカゴカブスの優勝を一度も見ずに

死んでしまったわ。

ほんと、かわいそうだわ。

だから、カブスが優勝した時、私が

父の代わりにテレビで優勝を見届けてあげたわ。

私自身はそこまでの野球ファンではないんだけど

父はきっと喜ぶだろうと思って。

 

ゆめ:きっとお父さんも喜んだでしょうね!!

 

アメリカ人は野球が好きな人、多いですね。

でも、子供たちに聞くと

「野球を見るのは好きだけど、自分は

サッカーをやっている」っていう子供が

多いような気がします。

 

特に女の子でサッカーをやる子が多い

気がします。昔はサッカーってアメリカでは

人気がなかったようですが、

時代が変わってきているんですね。