通訳案内士ゆめのつれづれ日記

通訳ガイドのこととか、シングルマザーの野望のこととか

ユダヤ系アメリカ人のお客さんとの会話

こんにちは、ゆめです。

 

今回のお客さんはアメリカ在住の

ユダヤ人のご夫婦でした。

 (いろいろなかわいいポーズをした

お地蔵さんがお寺に置いてあるのを見て)

 

夫:日本人は、お地蔵さんが寝転んだり

にっこり笑ったり、楽しいポーズをしているのを

楽しむ心のゆとりがあるのはいいことだね。

 

ゆめ:どういうことですか?

 

夫:例えば、宗教にとても厳格な人々、

例えば敬虔なイスラム教徒とかだと

こんな風に神聖な仏像にかわいいポーズを

取らせたりすることは、神に対する冒涜だ、

と感じるだろうし、決して銅像

楽しいポーズとか取らせないと思うな。

 

ゆめ:あなたは敬虔なユダヤ教徒ですか?

 

夫:ぼくはあんまり熱心な信者じゃないね。

ユダヤ教徒は丸い小さい帽子を頭にかぶるのを

知っているかい?

 

ゆめ:はい、ユダヤ人のお客さんが小さい帽子を

頭につけているのを見たことがあります。

その時には聞けなかったんですけど、

あんな小さなぺったんこの帽子がどうして

うまいこと頭にくっついているんですか?

 

夫:あれは、ヘアピンみたいなのを使って

髪にくっつけているんだよ。

ぼくは、髪の毛がくるくるのカールだったから

帽子がよくポロっと落ちたよ。

最近は全然つけてないけど。

 

(日本の近代史の話から)

妻:日本が中国や韓国を侵略したことは

知っているわ。中国人や韓国人は今でも

そのことに腹を立てているんでしょう?

 

ゆめ:そうですね、そのことに関しては

韓国人、中国人は今でも許せない気持ちを

持っていると思います。

 

妻:過去のことは過去のこと、

これから未来を考えていかないといけないのは

わかるけど、韓国人の気持ちもわかるわ。

私たちはユダヤ人だから多くの人が

ホロコーストを経験しているでしょう。

私の両親もロシアとの国境の近くにある

強制収容所に入れられていたのよ。

両親は幸い生き残ったけど、

祖父母や親せきはガス室に送られて死んだわ。

だから、多くのユダヤ人は戦後長いこと

経ってもドイツ製品なんて決して買わなかったし、

ドイツ産の食べ物なんて決して口には

しなかったわ。

 

ゆめ:とてもつらい経験をされているんですね。

原爆を経験した広島の市民は、今は

アメリカに対してはそこまでの悪感情は

持っていないですね。なぜだかよくわかりませんが。

学校教育のせいもあると思います。

 

夫:原爆は戦争で使われたものだからね。

ホロコーストは戦争とは関係ない出来事。

人種差別が極まってあそこまでいってしまった。

 

これまで何組ものユダヤ人のお客さんに

会いましたが、総じてみなさん世界史、特に

戦争の歴史についてめちゃくちゃ詳しい。

よほど徹底的に勉強しているんだな、と

いつも感じます。