通訳案内士ゆめのつれづれ日記

通訳ガイドのこととか、シングルマザーの野望のこととか

ユーチューバー デビューした話

こんにちは、ゆめです。

 

ここ数日、自分の仕事のウェブサイトの話題に

一人で盛り上がっている勢いで

ユーチューバーデビューした話も書いておこうと思います。

 

は?ユーチューバー??

と思われた方は、

是非この記事もお読みください。

www.yume35.com

 

通訳ガイドの仕事を売り出すウェブサイトで

ガイドの英語力とか人柄とかを

わかってもらえるよう、動画をアップすることにしました。

 

高3の娘をカメラマンとして時給千円で雇い、

天気の良い日の朝の7時半ごろ

原爆ドームに向かいました。

 

原爆ドームの前に立って画面を見てみると

原爆ドームがでかすぎて

画面に入りきりません。

 

原爆ドームの周りをうろついて、

「あ、そーだ、川向こうから撮ればいいじゃん」

ということになり、

原爆ドームを川の対岸から見る場所に決めました。

f:id:rainbow1024:20190521092828j:plain

 

そこでまず、Take 1。

 

ペラペラ喋りすぎて2分半。。。

 

カメラマンの娘が

「これってインスタとかにも上げるんでしょ?

インスタって

1分しか一個の枠に入らないんじゃなかったっけ?」

 

ゆめ「マジで??じゃあ、1分以内にするわ」

 

 

Take 2

大幅に喋ることを減らして1分弱に収めました。

 

カメラマン(娘)

最初の方、めっちゃ真顔じゃん。

 

 

Take 3

笑顔で自己紹介

 

カメラマン(娘)

上半身がグラグラして変。

 

 

Take 4

風がビュービュー吹きすぎて髪がぐしゃぐしゃ

しかも風の音がビデオに入って

声が聞き取りづらくて失敗

 

 

Take 5

カメラマン(娘)

全然動きがないのも不自然じゃね??

 

 

Take 6

ちょっと手振りも入れてみました。

カメラマン(娘)

あ、なんかマシになってきた

 

 

Take 7

Hiroshimaと喋るべきところを

なぜかMiyajimaと言ってしまいNG

 

 

Take 8

カメラマン(娘)

お?だいぶいいんじゃない??

 

 

Take 9

カメラマン(娘)

これ、結構いいんじゃない??

 

 

Take 10

カメラマン(娘)

もういいんじゃない??

 

 

1分の動画を撮るのに10回も撮り直しました、笑

 

家に帰って自分のチャンネルを作って

アップロードするのに更に一仕事。

 

動画の前後の余分なところをカットすることさえ

四苦八苦で

結局丸1日仕事になりました。

 

しかも、アップしたら

誰かが動画を見たかもしれないと思って

視聴回数が気になって

30分おきくらいにユーチューブをチェックする始末、、、

最初なんだし誰も見るわけないのに

「自分をさらした感」ハンパなかったです。

 

今朝、見てみたら27回視聴されていました。

そのうち10回くらいが私と娘だと思うけど

その他の17回は、ウェブサイトを一緒にやってる友達かな。

 

ちなみにfacebookやインスタにも同じ動画を

あげました。

facebookは今朝見たら42回再生されてました♡

インスタは16回。

 

ユーチューブに動画をあげて

ものすごい再生回数いっている人たち、

すごいと思います。

 

これまでそういう目でユーチューブを見たことなんて

なかったけど、

他の人がどんな風に喋っているのか

どういう場所で撮影しているのか

見て勉強しようと思います。

 

ショボい自己紹介動画を1分撮ってアップするだけでも

あれこれ大変だった。

でも、最初の一歩は踏み出せて良かった!

 

次は、ガイド仲間の自己紹介動画を撮影、かな。

今度はわたしがカメラマンになって

上半身がグラグラしてるだの、真顔だの、

ちょっと先輩ヅラして

どつかれようと思います。