通訳案内士ゆめのつれづれ日記

通訳ガイドのこととか、シングルマザーの野望のこととか

アフロヘアーのイギリス人が日本を歩いていると起こること

こんにちは、ゆめです。

今回はロンドンから来た、

ナイジェリア系イギリス人の40代女性お一人さまです。

 

彼女は、アフリカ系の人ではよく見かける縮れっ毛を、

キレイに広がらせて肩くらいまで伸ばしていて、

とってもよくにあっているのですが、

とってもよく目立っていました。

髪の毛の体積だけで実際の頭の4倍くらい

ありそうな印象です。

 

通りを歩いていると

すれ違う人ほぼ全員に「二度見」されます。

小学生低学年の行列とすれ違ったときには

全員あんぐり、でした。

 

そして大人3人には実際に話しかけられました。

 

「すごい髪だねー、ちょっと触ってもいい?

ついでに一緒に写真撮ってもいい?」

 

「すみません、素敵な髪なので

ちょっと触らせてもらってもいいですか?」

 

「どちらから?はぁーイギリスから!

格好のえぇ髪しとるねぇ。

うえるかむ・つー・ジャパン!」

 

ゆめ:ごめんなさいね、気を悪くしないでね。

 

彼女:あら、慣れてるから大丈夫よ、笑。

日本はまだマシな方で、タイに行ったときなんて

わたしの周りに人垣ができたのよ。

こんなヘアスタイルを見たことがないのよね。

 

(独身だという話から)

彼女:わたしの両親はナイジェリア人なのよ。

ナイジェリアでは、女性は結婚するべきだし、

結婚したら子供を産むべきだし、

そうでない人生なんて意味のないものだ、という

ものすごい固定観念があるのよ。

だから、わたしが結婚していないもんだから

両親は早く結婚しろとうるさいわ。

 

(名前の話から)

彼女:普通はファーストネームとファミリーネーム、

あとミドルネームがある人もいるけど、

普通は1人につきせいぜい3つの名前でしょ。

ナイジェリアはもっと多いのよ。

わたしは5つの名前があるのよ。

このうち一つは、おばあちゃんの名前。

わたしが生まれる直前におばあちゃんが

亡くなったので、おばあちゃんが

生まれ変わるように、ってつけられたみたい。

でもさ、「おばあちゃんが生まれ変わるように」って

わたしからしたら迷惑な話よね。

わたしはわたしよ。

 

(ロンドンは物価が高い、という話から)

彼女:イギリスはロンドンがある南部と

マンチェスターがある北部とに

どことなく分かれている感じね。

南部が圧倒的に人気だし

ロンドンは物価が高くてもとても人気の街よ。

でも、最近、北部のマンチェスター

おしゃれな街にどんどん進化して来ていて

とっても勢いがあるわ。

ロンドンでは家を建てるなんて夢のまた夢だけど、

マンチェスターなら土地が安いから建てられるのよ。

広告でも、「3000万円あれば

マンチェスターでは、ほら、こんな素敵な家が

建てられます。

ロンドンだったらちっちゃな箱しか買えない」

っていうのが出てたわ。

 

いやぁ、外国人は見慣れてきているはずの広島県人

今回のお客さんのヘアスタイルには

免疫がないということがわかりました。