通訳案内士ゆめのつれづれ日記

通訳ガイドのこととか、シングルマザーの野望のこととか

コーラとコークの違いって?

こんばんは、ゆめです。

今回は、アメリカのソルトレイクシティから来た

40代のパパと8歳、10歳の娘ちゃんです。

 

(レストランのメニューにCOKEと書いてあるのを見て)

パパ:あ、これはCOKEと書いてあるね。

 

ゆめ:COLAとCOKEの違いって何なんですか?

 

パパ:コーラのことをコークと呼ぶ人もたくさんいるけど、

アメリカでは、1985年にコカ・コーラ社が

いきなりこれまでの伝統のコーラの味を変更したんだよ。

その新しいコーラの名前がコーク。

だけど、まずい!!と大ブーイングで、ほどなくして

そのコークは販売終了になった。

味も元のコーラの味に戻されて

商品名もコカ・コーラ・クラシックてのになった。

今、コークて呼び名もけっこう見かけるけど、

僕らの世代からすると

コークてのは、あの大失敗したコーラの味のやつなんだよ。

 

ゆめ:なんでそんな変な味に変えたんですかね?

 

パパ:「マーケティング」で「より売れる味」を

追求したらしいけど、こんなに長い間愛されている味を

マーケティングで変えようとする必要なんてなかった、

ってことだね。

 

マクドナルドを見て)

パパ:日本ではマクドナルドは人気があるの?

 

ゆめ:わたし自身はあまり行きませんが、

特に若い人の間では人気がありますよ。

 

パパ:マクドナルドはアメリカでは

以前ほどの人気はもうないね。

ハンバーガーを食べようと思ったら

多くのアメリカ人は地元のレストランに行って

マクドナルドよりもおいしいハンバーガーを食べる。

アメリカでは美味しいハンバーガーを求めて

マクドナルドに行く人はものすごく減っていると思う。

それに、最近は健康志向も手伝って

マクドナルドのフライドポテトとかを避ける人も多い。

アメリカ人はデブが多いでしょ?

彼らが「このままではまずい」と気づき始めたんだよ。

ベジタリアンになる人もいるし、

オーガニックな食べ物に目覚める人もいるし、

とにかく以前より健康志向が強まってる。

するとマクドナルドはそういう人が行くレストランじゃ

なくなってきてるんだよね。

 

マクドナルド、、そういえばしばらく行ってませんが、

たまーにマックのフライドポテト食べたくなります。

 

今日は大久野島に行ってきました。

ウサギがたくさんいることで有名な島です。

子供たちはウサギにあげるキャベツを持って

大張り切りで行ったのですが、

ウサギたちは既に満腹のご様子で、、、

塩対応されました。

昨日は土曜日だったし、

たくさんの観光客が既にうさちゃんたちに

エサをたっぷりあげてるんですよね。

日曜の朝に行ったけど、うさちゃんは

「キャベツなんていらねーよ」状態でした、笑。

大久野島に行くなら、平日、

それも木曜日とか、観光客が少ない平日を何日か過ごした時が

おすすめです。

そういう平日に行くと、

人間を見るとかなり遠くからでもうさちゃんたちが

駆けよってエサをおねだりに来てくれますよ。