通訳案内士ゆめのつれづれ日記

通訳ガイドのこととか、シングルマザーの野望のこととか

タイ旅行記①カンボジアとの違い。先進国ぶりに驚いた

こんにちは、ゆめです。

今回は、カンボジアからタイに移動した話です。

 

バンコクの空港に着いてホテルに向かったのですが、

もう、景色が先進国すぎて

「ひゃーー、何これーー、発展しすぎ!!」

笑いが出てしまいました。

 

 

なにせ、今回の旅行の最初の訪問地は

カンボジアシェムリアップ

シェムリアップの街並みはこんな感じ。

ほぼ信号機も横断歩道もない

あまり舗装されていない道をトゥクトゥクに乗って

移動しまくっていたので、

お隣のタイに来て、余計に驚いたわけです。

 

なんじゃこりゃー

飛行機でたったの50分、

隣の国でここまで違うのかっっ

 

そしてこれは、バンコクの電車の駅からの景色。

もはや東京。

オシャレなカフェやお店が立ち並ぶショッピングセンターが山のようにあり、

私の住んでいる広島なんて足元にも及ばない大都市です。

 

カンボジアではトゥクトゥクという、

お客さんを載せる荷台をバイクで引っ張る

タクシーみたいな乗り物がお安くて

気に入って乗りまくっていました。

カンボジアトゥクトゥクが下の写真。

すみません、トゥクトゥク全体が写っている写真を

撮り忘れたもので。

 

バンコクに来ると、トゥクトゥクが一気に

モダンになっていました(下の写真)

特に運転席周りの設備がモダン。

音楽とかも流しながら走っていました。

バンコクトゥクトゥク

日本の人力車みたいに観光地の見世物化していて

タクシーに乗るより高い!!

だめだ、バンコクではトゥクトゥク

足にはできないぞ。

でも、1回は乗りましたけどね。

あとは電車とタクシーで十分でした。

 

バンコクはタクシーがとても安く、

最初のメーターが100円ちょっとくらい。

メーターで測って料金を請求してくれる

タクシーが多いのですが、

最初それがわからず、カンボジアのノリで

「〜〜まで行きたいけどいくらですか?」

って運転手さんに聞いてしまいました。

そしたら、前歯が3本くらい抜けてる

運転手のおじいちゃんが

「1000円」って言ってきました。

ガイドブックでは400〜500円でいけると

書いてあったので、

「500円で行けるでしょ。500円で行ってちょうだい」

と言いました。

前歯のないおじいちゃん運転手さんが

「お願い、700円で」と手を合わせながら

頼んで来るので、

200円を値切って口論するのもなんだか

かわいそうになって700円で行ってもらいました。

 

それ以降はちゃんとメーターで請求してくれる

タクシーに乗りました。

 

カンボジアとタイで違ったところ。

カンボジアは観光地は物価が高い。

 

カンボジアは観光客はほぼアメリカドルで

お買い物する国でした。

自国の通貨はあるのですが、

自国の通貨に信用が低いので

アメリカドルが流通しているそうです。

なんでも安いのかと思いきや、

特にアンコールワット周辺は

外国人観光客向けの値段で

日本国内を旅行しているのとあまり変わらないんじゃないか、

という印象さえ受けたほどです。

例えばジュースは大体どれも1ドル。

昼食のワンプレートは5〜6ドル。

アンコールワット遺跡の1日券は37ドル。高っ。

 

一方、タイは、日本よりは物価が安いのを

ちゃんと感じることができました。

屋台のご飯は300〜400円程度で食べられるし、

観光地の入場券も安かったです。

 

隣の国でもここまで違うのか、と

驚いちゃった私でした。