通訳案内士ゆめのつれづれ日記

通訳ガイドのこととか、シングルマザーの野望のこととか

40代シングルマザーの100の野望 100番 誰かのコンサートに行く

こんにちは、ゆめです。

野望シリーズ100番

「誰かのコンサートに行く」

 

 

www.yume35.com

 

先日、コンサート、行ってきました!

鼓童

のコンサートです。

 

太鼓が中心なのですが、

その他の楽器も登場して、

伝統的な気もするけど現代的な、

両方がミックスされている音楽を演奏する

グループです。

 

以前から鼓童の名前は聞いたことはあって

興味はあったのですが、

じっくり聞いたことはありませんでした。

 

新聞で鼓童が広島でコンサートするのを知って

早速チケットを買って見に行きました。

 

いやぁ、すごく良かったです。

想像を絶していました。

生で聞くと太鼓の音が胸にズンズン響くし

モダンなようなレトロなような

音楽に一気に引きこまれました。

なんでかはわかりませんが

ウルウルきました。

 

癒される、というのとはちょっと違うのですが、

ウルっときました。

 

コンサートが始まって、感動しながら思ったのは、

なぜだか知らないけど、

この会場に来ている人はみんな生きてるんだ、

ということでした、笑。

 

大太鼓の音が心臓の鼓動みたいな感じに

聞こえたからだと思います。

 

でも、この時キョーレツに

「ぼくらはみんな生きている」

みたいなことを感じました。

ここにいる全員生きていて

こんな素敵な音楽聞けてるなんて

幸せだな~と考えてました。

 

彼らの音楽は迫力があって

音楽が盛り上がってくると、

こっちまで力が入っちゃう感じでした。

あれだけの勢いとスピードで太鼓をたたくのは

すごいエネルギーです。

その証拠に、鼓童のメンバー、みんなマッチョ!!

一緒に行った娘はそっちの方に気をとられたみたいです。

 

コンサートの終わりにアンコールがあって

1曲演奏してもらう間、手拍子してたのですが、

1曲まるまる手拍子するだけで腕が疲れました。

鼓童のメンバーはどんだけ鍛えてるんでしょうね。

すごいパワーです。

 

鼓童の音楽に引きこまれて

あっというまにコンサートが終わっちゃいました。

あー、また聞きに行きたいな。

 

最近、コンサートって全然行ってないし、

そもそも最近音楽をあんまり聞いてないです。

 

離婚して車を手放す前は

通勤途中に必ず車の中では音楽を聞いていたのですが、

車を手放してからは

すっかり音楽を聞く機会が減ってしまいました。

最近は家で娘が勉強しながら

スマホでガンガン音楽を流しながら聞くのを

一緒に聞くくらいですかね。

 

音楽ってやっぱりいいな~

 

生で聞くのもホント楽しかったので

また誰かのコンサート行きたいです。