通訳案内士ゆめのつれづれ日記

通訳ガイドのこととか、シングルマザーの野望のこととか

40代シングルマザーの100の野望 25番「心から尊敬できて信頼できるパートナーに出会う」

 

 こんにちは、ゆめです。

 

野望シリーズ25番

「心から尊敬できて信頼できるパートナーに出会う」

www.yume35.com

 

このタイトルを読んだ皆さんは

わたしがどんな素敵な男性と出会ったんだろう???

とワクワクしてくれたでしょうね笑

 

2016年に離婚してから

3年が経とうとしています。

 

離婚してからお付き合いをした男性も

いるにはいました。

 

でも、「心から尊敬できて信頼できるパートナー」かと言えば

「ん〜〜〜????」

でした。

 

この野望を挙げたとき、わたしはどこか心の中で

 

心から尊敬できて信頼できる男性と出会って

経済的にもちょっと心にゆとりがある生活ができたらいいな

 

と考えていたと思います。

 

わたしは離婚を考え始めてから(離婚を考え始めるよりも前からだったかも)

ずっとこれまで

人生の幸せとはなんだ

とか

わたしは何のために生まれてきたんだ

とか

ずーーーーーーーっと考えてました。

 

色んな本も読み、

自分がどんな人間なのかをじっくり知らないといけないなと

思いました。

誰か他の人が感じる幸せじゃなくて

自分が何に幸せを感じるのか。

その幸せ、って世間体とか見栄とかが絡んでないだろうか。

 

本当の本当は、何が好きで

本当の本当は、何が嫌いで

 

100の野望シリーズもその中で浮かんだものでした。

 

自分の好きなことを全力で追求して、

それと同時に自分の嫌いなことを全力でやめました。

 

自分の胸に手を当てて

ダンナとの結婚生活はどうしても嫌だったので

経済的安定の将来を捨てて離婚しました。

 

通訳ガイドの仕事に全力で打ち込みたかったので

安定しているように思えた小学校の英語講師の仕事を

辞めました。

 

いまいちピンとこないものや人間関係から

少し距離を置きました。

 

細かいところでは、

毎日作らなくてはと頑張っていた

娘のお弁当作りは週に2回はお休みにしました。

 

全力で好きと嫌いをふるいにかけて

最近だいぶん自分の周りの環境が

完全に自分好みにスッキリしてきたような気がしています。

 

アタマの中を一つ一つ整理していって、

久しぶりに

「心から尊敬できて信頼できるパートナーに出会う」

の野望のことをもう一度考えてみました。

 

改めて考えてみると

わたし、とりあえず今のところ結婚願望はゼロだな、

ということに気づきました。

自分でもちょっとガッカリなのですが、

本音はどうやらそうだと認めざるを得ません。

 

デートする相手がいたら楽しいけど

一緒に住むのはめんどくさいな。

 

じゃ、どんな感じのパートナーが最高なんだろうな。

 

薄々、以前から気づいていたのですが、、、

もうすでにそのパートナーを得ていることに

改めて気づきました。。。

 

ムスメ

 

わたしにとってこれ以上のパートナーはいないです。。。爆

 

完全にわたしの本性、本音、性格を

理解してくれて、しかも

お互いの価値観がよ〜〜〜く似ている。

何の遠慮もいらないし、

たまにケンカもするけれど、

普段は2人でいつもゲラゲラ笑いながら

生活しています。

心から楽しすぎる。

あ〜、こういう結婚生活だったら幸せだな、

ていう生活を今親子でしていることに気づいた。

 

感謝。

 

もしも誰かと結婚するんなら

ムスメみたいな性格の人がいい、笑

 

明るくて楽観的で、思ったことを言い合える。

理想のパートナーだな。

 

まぁ、あと1年ちょっとでそのムスメも

大学進学と同時に家を離れる予定なので

心の準備はしっかりしておかねばと思うのですが、

まだあと1年はラブラブ生活を楽しもうと思います。

 

もちろん、男性でそういう人がいたら

ウェルカムですが、

「心から尊敬できて信頼できるパートナー」探しは

これにて終了、ということで。

 

「元々いた」ことに気づいた、っていう

オチでした。