通訳案内士ゆめのつれづれ日記

通訳ガイドのこととか、シングルマザーの野望のこととか

40代シングルマザーの100の野望 73番「世界中の国の人と話す」

こんにちは、ゆめです。

 

野望シリーズ73番

「世界中の国の人と話す」

www.yume35.com

 

通訳ガイドの仕事をしていると

いろんな国の人に出会います。

 

個人的に自分の仕事で一番多いのは

オーストラリア人、かな?

3割くらい。

 

その次がアメリカ人。

アメリカ人も3割前後かな??

 

残り4割がその他の国、です。

世界中の国の人と話すといっても

なかなか難しいです。

 

でも、2015年にとてもいい機会がありました。

 

世界スカウトジャンボリー

 

4年に一度、世界中のボーイスカウトたちが

集まる大イベント!

これが2015年に山口県で開催されたのです。

開催期間中、彼らは連日

大挙して平和公園にやってきました。

通訳ガイドの私たちは

かつてないほどのてんてこ舞いを経験しました。

 

4万人(だったと思う)のボーイスカウトたちが

毎日入れ替わり立ち替わり、

100台のバスに乗ってやってきました。

それが1週間以上にわたって続きました。

 

民族衣装っぽいユニフォームも多く

見ていてとても楽しかったです。

スコットランドボーイスカウトたちは

タータンチェックのキルトのユニフォームでした♡

 

レア系の国も盛りだくさんでした。

薄れつつある記憶を辿ると

アンティグア・バーブーダ

エルサルバドル

カナリア諸島

トーゴ

トリニダード・トバゴ

 

ボーイスカウト達にも出会いました。

 

 

それ以降は、時々レア系の国の人に出会うかな、

というペースです。

現時点では、名前を聞いたことのある国の人とは

大抵出会ったかな、という感触です。

 

先日、珍しい国の人と知り合う機会になるかも?の

出来事がありました。

 

ツイッターでフォローさせてもらっている人が

面白いアプリを紹介してくださっていて

なんだか楽しそうなので

昨日、始めてみたんですが、、、

 

「文通」アプリ SLOWLY

 

www.getslowly.com

 

これ、スマホを使ってやる「文通」アプリなんです。

スマホで文通相手に「手紙」を書き、

切手を貼って送ります。

すると、近い国の人だと5時間、

アメリカとかだと次の日に相手に届きます。

 

見てみると色んな国の人が登録していて

どの人にも「手紙」を送ることができます。

 

よぉし、登録するぞー。

今の時代、自分のプロフィールって

写真だと思うのですが、

このSLOWLYではWiiのMEみたいな感じで

自分で自由に輪郭とか髪型とか選んで

自分のアイコンを作ります。

別にどんなアイコンでもいいはずなのに

自分ぽく作ってみたいなどと妙な欲を出し

アイコン作るだけで30分近くもかかってしまいました笑。

 

「興味のあるトピック」も設定します。

30個くらいトピックが書いてあり、

自分が興味があるトピックを選んで

事前に登録しておきます。

自分と共通の話題がある人を

見つけやすくしてくれます。

 

自己紹介の文章も任意で書くことができます。

自己紹介は書いてあった方が相手がどんな人か

よりわかりやすかなと思い、

私も書いてみました。

 

それから、自分が住んでいる国、

使える言語とそのレベル(自己申告)、

生年月日を登録して

あとは「文通相手」探しです。

日本語での文通もできます。

 

文通相手は

自分で選ぶこともできるし、

自動マッチングもあります。

 

登録だけして何時間かほったらかしていたのですが

ふと見てみると

中国から手紙がこちらに向かっていて、

5時間後に届く、と表示されていました!!!

なんと!はやっっ!!

 

5時間経つと、初めての手紙が届きました〜〜。

北京に住んでいる45歳の男性でした。

国営の鉄道会社に勤めている

ハリウッド映画大好き

と書いてありました。

切手は「万里の長城」でした♫

 

私も簡単な自己紹介を書いて

切手(鳥居)を貼って送りました。

今中国に向かっているところです笑。

 

今の時代にスマホを使って文通ごっこって

何か楽しい〜〜。

すぐに着かない、てのがいいですね。

 

私は、興味あるトピックがたくさんかぶっていた

カナダ人の女性に手紙を書いてみました。

明日、届くみたいです。

返事が来るといいな♡(明後日以降、笑)

 

名前の通りSLOWLYに

世界中の国の人と話せたらと思います。

 

というわけで、「世界中の国の人と話す」は

一旦ここで達成認定とします!