通訳案内士ゆめのつれづれ日記

通訳ガイドのこととか、シングルマザーの野望のこととか

1955年の広島カープに入団した日系アメリカ人選手のはなし

こんにちは、ゆめです。

実に1ヶ月ぶりのブログです。

 

この1ヶ月間、何してたかはまた別の記事で書くとして

今回は、

アメリカのカリフォルニア在住の60代のご夫婦と、

スイス在住の彼らの娘さん&ドイツ人の旦那さんです。

 

(結婚年齢の話から)

ママ:日本ではなかなか結婚せずに

両親と同居する人も多いと聞いたけど、本当なの?

 

ゆめ:そうですね、そういう子供達のことを

パラサイト・シングルとか

パラサイト・チャイルドなんて呼んだりしてます。

 

ママ:それ、すごく面白いわね!!

アメリカにはパラサイト・チャイルドは

あまりいないけど、その代わり

ヘリコプター・ペアレントがいるわよ。

 

ゆめ:は?ヘリコプター・ペアレントって何ですか?

 

ママ:子供のことを放っておけなくて

ヘリコプターがグルグル旋回するみたいに

子供の上をグルグル飛び回る親、よ。

過保護な親、のことね。

 

ドイツ人夫:ヨーロッパというかイタリアでは

マモーニ mammoni」がいるよ。

ママっ子の男のことをマモーニ、っていうんだ。

マモーニは結構多いんだよ。

結婚するまで実家にいてママと仲良しの息子。どう思う?

 

ゆめ:へー、なるほど!

マモーニ、可愛いじゃないですか、

自分の家に息子がいて、ママっ子だったら可愛いな。

でも、自分の夫が激しいマモーニだったら嫌かも笑

 

アメリカ人妻:わたしもマモーニは御免だわ笑

 

プロ野球の話題から)

パパ:広島カープに昔、フィーバー平山という

日系アメリカ人の選手がいたのを知ってる?

1955年にカープに入団したんだけど。

 

ゆめ:フィーバー平山、、う〜ん、知らないです。

1955年なんて相当古いですね。

どんな人ですか?

 

パパ:フィーバー平山は、

僕らが住んでいるカリフォルニア州

フレズノの近くの村の出身でね。

彼は第二次世界大戦中、

まだ子供だったけれども日系人だというせいで

relocation camp(日系人の収容所)に

入れられていた。

戦争が終わってそこから戻ってきたときにはもう、

フィーバーは高校生になっていて、

大きくなったねぇ!!とみんなビックリした、

という話を僕の両親から聞いているよ。

 

フィーバー平山は野球がうまくて、

僕らのコミュニティーの中では有名人で人気者だった。

その彼が戦後の1955年に広島カープに入団したんだ。

活躍したと聞いているよ。

彼は今でも僕たちのコミュニティにいるんだよ。

 

------------------------------------------------

家に帰ってフィーバー平山を調べてみました。

本名は平山智(ひらやま・さとし)さん、だそうです。

わたしは割と熱心なカープファンなのですが、

平山智さん、全く知らず、恥ずかしかったです。

彼はカープのコーチも務め、

退団後はカープのスカウトも務め、

今、89歳なのですが、

なんとまだカープの嘱託のスカウトを

務めていらっしゃるそうです。

まだ現役だった頃に、当時沖縄にいた

安仁屋宗八(元カープのピッチャー)をスカウトしに行ったのは

フィーバー平山だったそうです。

当時沖縄に行くにはパスポートが必要でしたが

フィーバー平山はアメリカ国籍だったので

他のスカウトよりも早く沖縄に行くことができて

安仁屋宗八のスカウトに成功したそうです。

すごいな、フィーバー平山。