駆け出し通訳案内士のつれづれ日記

「王道」じゃない道を鼻歌うたいながら生きていく〜

通訳案内士(通訳ガイド)が夏の暑い日に注意するべきこと

梅雨も明けて、暑い日が続いています。

 

通訳ガイドの仕事をするのも

大変なシーズンですね。

f:id:rainbow1024:20170715203344j:plain

 

夏の暑い日のガイドで

私が注意していることを書こうと思います。

 

一番怖いのは、熱中症ですね。

 

1、日傘を用意する

ガイドの仕事中には日傘はさしませんが、

お客さんが帽子をかぶっていない等、

熱中症が心配されるときには

日傘を貸して、さしてもらうようにしています。

外国人は日傘をさす習慣はありませんが、

実際に日傘をさしてみると

「なんて涼しいの!!」と感動してくれます。

 

2、ツアーが始まるときに、

飲み物を持っているか、お客さんに確認する

ガイドのわたしも、もちろん、飲み物持参です。

こまめに飲んで、熱中症予防です。

 

3、ガイドスポットで案内するときには

日陰で話す。

立ち止まって話すとき、

1か所につき3分そこらとはいえ、

日陰で話したほうがいいです。

 

4、かき氷、ソフトクリームの美味しい店を

チェックしておく

欧米(特にアメリカ人?)は、特に

ソフトクリームが大好きです。

抹茶ソフトなどはとても喜ばれます。

 

5、帽子をかぶる

ガイドは日傘をさせないので、

帽子をかぶって熱中症&日焼け予防です。

 

6、こまめに涼しい場所に案内する。

いくらがっつり1日観光とはいえ、

お土産物屋さんやショッピングモールなど、

涼しいところにこまめに入ることは

大切ですね。

自分は平気でも、年配のお客さんには

しんどいこともあるはずです。

 

7、炎天下で長く歩くスケジュールを組まない。

絶対やめた方がいいです。

どんなにいい所でも、気分悪くなったら

おわりです。

 

8、もしもお客さんが気分が悪くなった場合の

対処を考えておく。

訪れている場所に救護所があるのか、

お土産物店など、助けを呼べる環境にあるのか、

など。いざという時に慌てなくても

いいように準備が必要です。

 

以上、暑い日に注意するべきことを挙げてみました。

外を歩くにはキビシイ季節ですが、

元気に乗り切りましょう!