駆け出し通訳案内士のつれづれ日記

「王道」じゃない道を鼻歌うたいながら生きていく〜

小学生英語 あいさつの I'm fine, thank you, and you?って使うの?

 

わたくし、この9年間、

小学生に英語を教えています。

ときどき、こうやったら教えやすいよ、

というコツみたいなことも

書いていこうと思います。

 

指導案に

How are you?

I'm fine, thank you, and you?

I'm fine, too. Thank you.

て書いてあります。

 

わたしたち40代は、

中学生のころ、あいさつと言えば

このフレーズでしたよね。

 

このあいさつ、

英語を習い始めたばかりの子どもには

とても難しい!

 

How are you?

はがんばって言えても

I'm fine, thank you, and you?

なんて、長すぎてムリムリムリ!!

半分以上の子どもの目が死にます。

 

 

しかも、そもそも

I'm fine, thank you, and you?

なんて使うの?

 

外国人の知り合いの誰に聞いても

「そんな言い方はしないよ」

と返事が返ってきます。

 

なのに、なんでこんな難しい言い方を

教えようとするんだーー

 

というわけで、

指導案には書いていないけど、

How are you?

I'm fine./ I'm good./ I'm OK.

How are you?

I'm good, too.

のフレーズで教えています。

 

こちらの方がよっぽど

簡単だし、実際に使われている表現です。

 

小学生に教えるときのポイントは、

手ぶりを加えることです。

 

How are you?

の時には、片手を自分の方から

相手の方に投げかけるようなしぐさをする。

 

I'm fine.

の時には、「I'm」で、自分を指さして、

「fine」で、両手を曲げて元気モリモリ、の

しぐさをする。

 

How are you?

で、再び片手を自分の方から

相手の方に投げかけるようなしぐさをする。

 

I'm fine, too.

再び「I'm」で自分を指さして、

「fine」で、両手を曲げて元気モリモリ、

「too」で、チョキのジェスチャー

f:id:rainbow1024:20170715195824j:plain

「too」は「two」ではありませんが、

チョキのジェスチャーをしたら

一発で覚えてくれます。

 

 

小学生は文法から入らないので、

ジェスチャーをつけて教えると

英語が読めなくても

すぐに上手に言えるようになります。

 

小学生に英語を教える場面が

ある人は、

ぜひ試してみてくださいね。