通訳案内士ゆめのつれづれ日記

通訳ガイドのこととか、シングルマザーの野望のこととか

ユダヤ人とイスラエル人の違いを教えてもらった

こんにちは、ゆめです。

今回はイスラエルのテルアビブ近郊から

来た60代のイスラエル人のご夫婦とそのお母さんです。

 

妻:私たちはユダヤ教徒だから豚肉は食べないのよ。

 

夫:ぼくはあまり熱心なユダヤ教徒じゃないから

サンドイッチに入ってるハムくらいなら

嫁さんの目を盗んで食べちゃうけど。

 

ゆめ:ユダヤ教キリスト教よりも古い宗教なのに

なぜ後からできたキリスト教の方が

世界に広まってしまったんでしょうね。

 

妻:ユダヤ教はとても閉鎖的な宗教なのよ。

ユダヤ人じゃないと基本ユダヤ教徒にはなれないの。

たとえばゆめがユダヤ教に入信しようとしても

ユダヤ人じゃないからユダヤ教徒にはなれないの。

だからユダヤ教徒キリスト教徒みたいに

世界中に出かけて行って布教活動とかしなかったのよ。

 

ゆめ:ユダヤ人とイスラエル人てのは違うんですか?

 

妻:ユダヤ人はユダヤ教を信じていて、

ユダヤ人の母親から生まれた人がユダヤ人なのよ。

イスラエル人は、ユダヤ教は信じてないけど

イスラエルという国の国籍を持っている人、

っていうのが私たちの定義かな。

 

ゆめ:え??お父さんがユダヤ人でお母さんが日本人だったら

ユダヤ人にはならないんですか?

 

妻:それがならないのよねぇ。

とにかく母親がユダヤ人じゃないとだめ。

母親は自分が生むから自分の子だと言えるけど

父親がユダヤ人だとしても

その子がその父親の子だとは言い切れなかったり

するからでしょうね。

 

(お母さんの90歳の誕生日に日本旅行

しているという話題から)

ゆめ:90歳でアクティブに日本旅行

楽しむなんてすごいですね!

わたしもそんなおばあちゃんを目指します。

 

90歳母:イスラエル人は海外旅行が大好きなのよ。

年に2回とか3回とか海外旅行するのは

けっこう普通のことなの。

で、90歳の誕生日にどこ行きたい?と

息子に聞かれて、即座に

「日本に行きたい!」って答えたわ。

 

ゆめ:どうして今回は日本だったんですか?

 

90歳母:今、イスラエルでは日本旅行

ちょっとしたブームなのよ。

日本に行った人が、みんな口をそろえて

「日本はすごいよ。日本は楽しいよ。

日本は綺麗だし、安全だし、食べ物は

美味しいし、文化が全く違って刺激的だから

絶対行くべき!!!!」

って言うのよ。だから私も行ってみたくなってね。

 

ゆめ:イスラエル人の日本に対するイメージって

どんなものですか?

 

夫:実は日本に対するイメージって

全然持ってなかったんだよ。

日本は遠すぎて具体的なイメージを持てなかった。

日本人もイスラエル人に対するイメージって

あまり持ってないんじゃない?

ただ、周りがあまりに「日本に行くべき」って

言うもんだからとても興味を持ったんだよ。

来てみたら本当に素晴らしい国だった。

 

最近、イスラエル人の旅行客が増えていると

思います。

 

日本は1年間に4000万人の海外旅行客を迎えることを

目標にしてます。

日本でいい思い出を作って帰国してもらって

彼らにどんどん日本を宣伝してもらわないといけませんね。

通訳ガイドも日本の印象を左右する

重要な役割を担っています。

おもてなし、がんばります。