駆け出し通訳案内士のつれづれ日記

「王道」じゃない道を鼻歌うたいながら生きていく〜

40代シングルマザーの100の野望 22番 生まれ変わったら何になりたい?からの~

 こんばんは、ゆめです。

 

先日、職場でこんな話題になりました。

 

「生まれ変わったら何になりたい?」

 

みなさんは何になりたいですか?

ゆめは、もしも生まれ変われるとしたら

なりたいものが二つあります。

 

 

一つ目は、

縄文人

 

職場のみんなから「変わってる」と

笑われましたが、本気です。

 

木の実を拾って、

冬は暖かく、夏は涼しいほら穴に住んで

毎日のどかにおもしろおかしく

過ごします。

わたしのすんでいるほら穴の

すぐ近くに、

太い幹の、実がたくさんなる木があって、

その木の下に行くと

なぜか一年中木の実がなっていて、

ゴロゴロ落ちています。

f:id:rainbow1024:20170724003139j:plain

それを拾って食べます。

近所の人とも分け合って

みんなで仲良くくらします。

 

時々、私の気をひこうと

イケメン縄文人がマンモスの肉を

プレゼントしてくれます。

わたしは、すごくうれしそうな顔をして

受け取り、夕陽を見ながら

たき火であぶって焼いた

マンモスの肉を

イケメン縄文人と一緒に食べます。

くちの周りがベタベタになりますが、

お互い全く気にせず、

ワイルドにがっつきます。

ワイルドさが男にも女にも求められる

社会です。(勝手な設定ですが)

 

マンモスを食べ終わり、

お腹もいっぱいになったころ、

歌のうまい縄文人ゆめは

(現実世界ではそこそこ音痴なのですが)

お礼に歌と踊りを披露して

イケメン縄文人に気を持たせつつの~~~

「じゃ、またね」

と言って追い返します。

 

それを木の陰から見ていた女友達が、

「ゆめ、あれはひどいわよ~」

と言います。

わたしは、

「あら、そう?マンモスは確かに

美味しいけど、彼、いつも

マンモスばっかりなのよ」

女友達が、「ゆめはぜいたくね」

とあきれた顔をして言います。

  

寝たいときに寝て、

起きたいときに起きて、

おなかがすいたら木の実を食べ、

ときどき肉も食べ、

自由な恋愛あり、

美しい夜空あり、

広い平原、美しい山あり。

 

そんな生活だったら、

サイコーに幸せだと思います。

 

シンプル イズ ベスト

 

いいなぁ、こういう生活。

 

野望シリーズ22番の

「シンプルな生活に満足する」

 

 

これって縄文人

なりたいなんて思っているから

ふと出てきた言葉なのかもしれない、

と今思いました。

いろいろと生活をシンプルに

していきたいなと思っています。

これについてはまた書きますね。

 

そして、ゆめが、

生まれ変わったらなってみたいもの

二つ目もまたの機会に!