通訳案内士ゆめのつれづれ日記

40代シングルマザーのゆる〜い日常

フィリピン人のお客さんとの会話

こんにちは、ゆめです。

 

先日はフィリピン人のお客さん17人の

ご案内をしました。

このご一行は親戚一同、のグループでした。

大人が6人、小学生から大学生までの

子供が11人でした。

 

 

中学生男子:僕は、日本のアニメが大好き。

 

ゆめ:例えばどんなアニメが好き?

 

中学生男子:「進撃の巨人」とか。あとは

「東京グール」も好き。

 

ゆめ:すごい、かなり最近のアニメだね!

フィリピンは日本のアニメはテレビで

結構やってるの?

 

中学生男子:相当色々やってる。

インターネットでも見れるしね。

 

小学生男子:僕はドラゴンボールが好き!

 

日本に住んでいるフィリピン人の知り合いの

英語は、アメリカ人の話す英語とは

少し違う発音の英語なので

フィリピンの人はフィリピンアクセントの

英語を話すのかと思っていました。

でも、彼らご一行の話す英語、特に子供の英語は

発音が完全にネイティブのアメリカ英語!

 

母国語はタガログ語のはずですが、

彼らは兄弟同士でも完璧なアメリカ発音の英語で

会話をしているのでビックリしました。

 

ゆめ:8才とかでこんなに完璧な英語を

話すなんてすごいですね、

英語は学校で習うんですか?

 

パパ:学校の授業を全て英語で行う

学校に行かせているから、彼らは

英語が上手なんだよ。

フィリピンの子供達はすごく小さい頃から

例えば幼稚園くらいから

英語を習うんだよ。

でも、最近、母国語のタガログ語

もっと見直そう、という動きもあって

英語を押し付けるような教育に

ブレーキをかける流れもあってね。

でも、僕はそれには反対だ。

英語は絶対に必要だし、

タガログ語では世界に通用しない。

だから、英語だけで教育する学校に

あえて子供達を通わせてるんだよ。

 

ゆめ:(大学生の女子に向かって)

大学では何を勉強しているの?

 

大学生女子:今、イギリスに留学中で

政治(ポリティカルサイエンス)を

勉強中です。

将来は外交官とか、そういう関係の

仕事に就きたいと思って。

 

ゆめ:フィリピンでは海外留学って

普通なの?

 

大学生女子:いや、大抵は首都のマニラの

大学とかに行きます。だけど私は

海外で勉強して見聞を広めたかったから。

 

ゆめが小学生の女の子に折り紙を

教えてあげると、その子は一瞬で

鶴の折り方を覚えて、しかもとても

上手に折ってビックリ!!

 

ゆめ:こんなに上手に折り紙を

折る子は初めてよ。どこかで

折ったことあるの?

 

小学生女子:はい、折り紙は興味あって

ユーチューブとかで見て

色々折って遊んでました。

 

ゆめ:そうなんだ!普通は折り鶴なんて

大人でもぐちゃぐちゃになっちゃうん

だけどね。あなたすごいわ。

 

小学生女子:ありがとう、

私、多分、ゆめさんよりも

折り紙の折り方たくさん知ってます。

 

いやぁ、色々とタジタジでした。

以前にも同じようなことを思ったことが

あるのですが、フィリピンの

上流階級の人って、

本当にインテリだし、

考え方とかも西洋のインテリだわ、

と思いました。

 

ゆめもしっかり教養のある人間に

なりたいと思った1日でした。