通訳案内士ゆめのつれづれ日記

40代シングルマザーのゆる〜い日常

日本通のフィリピン人のお客さん

こんにちは、ゆめです。

今回は大型客船で旅行中の、

50代のフィリピン人のご夫婦と、

4人の息子たちです。

ご夫婦は以前にも日本にしばらく滞在

されていたそうで、かなりの日本通、

歴史通でした。

 

ゆめ:4人の息子さん全員と一緒に家族旅行できるなんて

幸せですね!

 

ママ:そうね。今回のクルーズ客船の旅行では

実は夫の家族、親戚など合わせて33人で

旅行しているのよ。

今日のツアーは私たち6人家族だけなんだけど

他の寄港地では、バスを1台チャーターしてもらって

親族全員でプライベートツアーをしてもらうことに

しているの。

 

ゆめ:33人の親戚と旅行!!ちょっと想像できません、笑。

 

(城の話から)

ゆめ:日本には12の城の天守が当時のままの姿で残って

いるんですよ。姫路城、高知城などですね。

広島城は原爆で倒壊したので、戦後に建てられたレプリカです。

 

日本通のパパ:じゃあ、たけしcastleはレプリカなの?

 

ゆめ:たけしcastle、、、ん~~、どこにありましたっけ、、、

え?まさかの??????

 

そうです、日本通のパパは、昔テレビでやっていた

風雲たけし城」のことを話題にしていたのでした。

どひゃーーーー、ていうか

それにわりかしすぐに気づいた私もすごいと

思いますけど。

 

ゆめ:すごい、風雲たけし城を見てたんですか?

 

日本通パパ:あれは面白かったね。大好きだったよ、笑

 

ママ:息子たちは今は日本のアニメを良く見ているわよ。

 

ゆめ:どんなアニメを見ているんですか?

 

三男:僕は、進撃の巨人とか、ナルトとか。

 

四男:僕はブリーチとかワンピースとか。

 

(夫婦の間でけっこうスペイン語の単語が

出てきているのを聞いて)

ゆめ:すごい、スペイン語も話せるんですね。

 

パパ:今はフィリピンでは学校教育は英語で

行われているけれど、僕たちの子どもの頃は

英語に加えてスペイン語も習わないといけなかったんだよ。

フィリピンがスペインの統治下にあった影響だね。

英語だのスペイン語だの、フィリピン人は忙しいんだよ、笑

でも、今どきの子供たちはスペイン語

習っていない。

 

ゆめ:じゃあ、子供の頃はフィリピンの歴史を

英語やスペイン語で勉強したってことですか?

 

ママ:そう、私は歴史は英語で習ったかな。

でも、算数はスペイン語で習ったもんだから

算数とか計算とかしている時はスペイン語

考えてる。だって、スペイン語でしか算数を

習ってないもんだから。タガログ語とか

英語とかでは算数のことを考えるのが難しいのよ。

 

バイリンガル教育ってすごいんだな、と思いました。