通訳案内士ゆめのつれづれ日記

通訳ガイドのこととか、シングルマザーの野望のこととか

アメリカで流行りの?レンタル電動スクーター

こんにちは、ゆめです。

 

今回はアメリカのカリフォルニアとサンフランシスコから来た

50代のグループ&彼らの20代の子供達です。

 

20代男子:日本ではUberってメジャーなの?

 

ゆめ:東京の方では浸透してきてるのかもしれませんが、

広島はまだサービスが始まったばかりで

わたしもまだ利用したことがありません。

でも、どんどんシェアリングエコノミーが

普及してきてますよね。

私は、車は持ってないので

カーシェアには登録しています。

 

20代男子:西海岸ではレンタル電動スクーターてのが

増えてきているよ。

 

ゆめ:電動スクーター?バイク、てことですか?

 

20代男子:キックスケーターにモーターがついてるやつ。

スマホにアプリをダウンロードして

そのキックスケーターを借りるんだけど、

そのサービスのすごいところは

それをどこでも乗り捨てOK、てことなんだ。

しかも、そこらへんに乗り捨てられている

その会社のレンタルキックスケーターを

レンタルすることも可能。

 

ゆめ:お金はどうやって払うんですか?

 

20代男子:アプリが時間を計測していて

その時間に応じて課金される。

 

ゆめ:ヘェ〜〜〜、なんだか時代に取り残された感

満載なんですけども。

その乗り捨てたキックスケーターはどうなるんですか?

 

20代男子:GPSがついてるから、会社が回収するんだよ。

 

ゆめ:楽しそうですね。私も借りてみたいです。

 

猫カフェドッグカフェの話題から)

50代ママ:カリフォルニアの私たちが住んでいる町には

猫カフェとかドッグカフェは一軒しかないわ。

日本はあちこちにあってすごいわね。

 

20代女子:ほんと!フクロウカフェとか

ハリネズミカフェとか、すごいわ!!

 

ゆめ:どうしてアメリカでは動物カフェが少ないんですか?

 

50代ママ:そもそも、動物がいる場所で

飲食物を提供するのが法律的にNGなんじゃないかしら?

みんな家では犬や猫と一緒に食事してるのにね。

 

20代女子:しかもドッグカフェの犬は、

捨てられた犬、保護犬のことが多いわね。

日本とは動物に対する考え方がちょっと違うから

動物愛護団体の声も考慮されると思う。

 

----------------------------------------------------

動物カフェって、かわいいけれど

確かにちょっと微妙ですよね。

そう言いながら、いつか豆柴カフェに行ってみたいと

思っています。。

趣旨に対しての感想はどうあれ、

ガイドとしては

日本で流行っているものは一通り経験しておかないと

お客さんに聞かれた時に

全然知らないのも困りますからね。

行くところ、見るもの、食べるもの、全部が

ガイドとしての勉強になる、てのが

通訳ガイドの仕事の好きなところです。