通訳案内士ゆめのつれづれ日記

通訳ガイドのこととか、シングルマザーの野望のこととか

初めて聞いたレユニオン島

こんにちは、ゆめです。

 

今回はこれまで一度も名前すら聞いたことのなかった

レユニオン島から来た

60代後半のご夫婦との会話です。

 

ゆめ:は??も一回言ってください。

ル???その後は何て言いましたか??

 

妻:絶対スペルを書いた方が早いと思う、笑。

Reunion

 

ゆめ:あー、なるほど!リユニオン、ですね!!

 

妻:そう。私たちはフランス語の発音で言うから

わかりづらかったわね。

 

ゆめ:リユニオン、、、てどこなんでしょう?

 

夫:インド洋のマダガスカル島から東に800キロくらい

行ったところにある、ものすご〜〜く

小さい島だよ。

(と言って地図を見せてくれました)

 

ゆめ:わっっ、すごいところですね。

(家に帰って調べてみると、リユニオン島ではなく

レユニオン島と書かれていたので、

以下、レユニオン島と書きます)

 

妻:この島はフランスの一部なのよ。

私たちも元々フランス本土に住んでいて、

7年前に「人生を変えたい」と

思い立って、レユニオン島に引っ越したのよ。

 

ゆめ:人生を変えるために!すごい!!

どうですか?住み心地は。

 

妻:7年住んでいるけど、

のどかでとても気に入っているわ。

この島はいろんな人種の人が住んでいるのよ。

肌の色も様々。肌が白い人、黒い人、

インド人、中国人、イスラム教系。

私たちはフランス本土から来たから

白人だけど、

多くはいろんな人種の混血の人よ。

けっこうびっくりするような見かけの人もいる。

私より白い肌をしてるのに

髪の毛はアフリカ系の縮れっ毛の人とかね。

こういう混血の人は「クレオル」と呼ばれているわ。

まぁ、平和だし、とても気に入っているわよ。

でも、活火山があるのよね。

小さい島なのに、ちょくちょく噴火するのよ。

火山を調査するために学者もけっこう住んでる。

 

夫:リゾート地でビーチリゾートを楽しめるんだけど

ビーチによってはサメがけっこういるんだよね。

泳いだら危険なところもあるよ。

 

 

短い時間だったので

たくさんのことは聞けませんでしたが、

家に帰ってからレユニオン島のことを調べてみました。

 

レユニオン島はフランスの「海外県」という位置付けだそうです。

フランス領、というわけではないみたいです。

自然が綺麗なので、

ヨーロッパの人の間では高級リゾート地として有名みたいです。

日本人の間では、ほぼ無名ですよね。。

レユニオン島なんて人生で初めて聞いた名前でした。

勉強になりました。