通訳案内士ゆめのつれづれ日記

通訳ガイドのこととか、シングルマザーの野望のこととか

オーストラリアに住んでいるルーマニア人のお客さんとの会話

こんにちは、ゆめです。

今回は、オーストラリアのメルボルン在住の

ルーマニア人のご夫婦です。

 

妻:オーストラリアとの大きな違いは、

日本人の女性はけっこうスカートをはいていることだと思うわ。

オーストラリアの女性は98%以上くらいは

ズボンよ。

 

ゆめ:どうしてスカートをはかないんですか?

 

妻:ズボンのほうが動きやすいし楽だということに

女性が気付いたからでしょうね。

 

(雨の話から)

夫:ルーマニアでは、結婚式の日に雨が降ることは

縁起がいいといわれているんだよ。

雨はたくさんの子供を象徴していて、

結婚式に雨が降ると、そのカップルはたくさんの

子供に恵まれて繁栄するといわれているんだ。

 

(海外旅行の話から)

夫:ぼくは何年か前にタイの国王が亡くなる少し前に

タイに旅行に行ったんだけど、タイって、国王について

あからさまな悪口を言ったりすると3か月間牢屋に

入れられるらしいんだ。

ちょうど80歳を超えたタイの国王が入院中のとき、

タイのタクシーにツアーガイドさんと乗っていて、

「今の国王が亡くなったら次の国王は誰になるの?」

と質問したんだ。

そしたら、タイ人のガイドさんが顔色を変えて

「今はだれもそんなことは口にはしません」

って言った。。。80歳を超えてたら誰だって

いつかは死ぬわけだし、別に深い意図はなかったんだけど、

とってもまずい質問だったみたい。

 

妻:ブルガリア人のジェスチャーも面白いわよ。

彼らはイエス、というときに首を横に振って、

ノーの時が首を縦に振るのよ。

英語圏と全く逆。本当に戸惑うわよ。

 

ニュージーランドとオーストラリアの

英語のアクセントの違いについて)

夫:ニュージーランドの英語とオーストラリアの英語は

けっこう違うんだよ。

日本人から見るとイギリス英語っぽい、

くらいにしかわからないかもしれないけどね。

ニュージーランドの英語は原住民のマオリ族

言葉とも混ざってるし、

しかもニュージーランドの一部はスコットランド

統治されていたからスコットランド地方の

英語の影響をかなり受けているんだ。

iの発音がuとして発音されることが多いね。

例えば、ニュージーランド人は

フィッシュ・アンド・チップスのことを

フッシュ・アンド・チュップス

て発音するんだ。初めて聞いたとき、

何を言っているのかさっぱりわからなかったよ、笑。

一方、オーストラリア英語はイギリス英語の影響が

強いね。しかも、ニュージーランドと比べて

かなりたくさんの国からの移民が住んでいるから

彼らの国のなまりも混ざって、けっこう

コスモポリタンな英語だと思うよ。

でも、インド人の英語は聞き取りづらいね。

インド人はヒンディー語の影響を大きく受けた

英語を話すもんだから、インド人の話す英語は

「イングリッシュ」じゃなくて「ヒングリッシュ」だ、

って言われているよ。

 

ヒングリッシュ、、初めて聞きました。

ネイティブじゃない人が語るオーストラリア英語談義、

面白かったです。