通訳案内士ゆめのつれづれ日記

通訳ガイドのこととか、シングルマザーの野望のこととか

通訳ガイドの仕事をしてたらしょっちゅう話題に上がる本

こんにちは、ゆめです。

 

今回はオーストラリアのメルボルンから来た

60代と70代の夫婦2組です。

 

 

(戦争体験の話題から)

夫1:ぼくの祖父は第一次世界大戦(第二次じゃなくて)の時

フランスで戦ったんだよ。

瀕死の重傷を負ったけど、

運よく生きて帰ることができた。

戦場で肩を撃たれたらしい。

祖父が肩を撃たれて気を失っていた間に

敵兵がやってきて

近くにあった塹壕に味方の死体を

どんどんん放り込んでいった。

祖父も生きてるのに一緒に塹壕に放り込まれた。

とても寒かったけれど

他の死体に囲まれて体温を保つことができて

生き延びることができたって言ってたよ。

でも祖父の戦争体験も悲惨だったらしく

ほぼ全く何も語ろうとはしなかったね。

戦争は悲惨だ。

 

ゆめ:そのそのお陰であなたは生まれることができた

わけですね!

 

 

(サムライの話題から)

夫2:ぼくはサムライとか、忍者とか、大好きだよ。

SHOGUNていう本知ってる?

あれは良かったなぁ。

 

ゆめ:SHOGUN、、、読んだことはないのですが、

お客さんはちょいちょい話題にする本です。

これまでは「いやぁ、読んだことないです」

でサラリと終わらせてたけど、

ここまで何人もの人に話題にされたら

今度こそ読まなきゃという気持ちになりました笑

 

夫2:この本、日本じゃ有名じゃないんだね。

欧米ではかなり有名な本だと思うけど。

ベストセラーにもなったし、

日本に興味がある人なら

高い確率で読んでると思うよ。

 

ゆめ:そうなんですか、、、

読んでみます。

 

妻1:Memoir of Geishaっていう本も良かったわ。

 

ゆめ:Memoir of Geishaも何度もお客さんから

聞いたことのある名前です。

でも読んだことがない。

読んでみようと思います!!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

SHOGUN、家に帰ってアマゾンで買いました。

 

Shogun (Asian Saga)

Shogun (Asian Saga)

 

 

SHOGUN、お客さんとの会話で話題に上っても

これまで無視しまくってきたのですが、

もう今度こそ読まなければ、です。

 

この作者のJames Clavellは

1960年代から1990年代にかけて

「アジアン・サーガ」シリーズという6部作の本を

書いていて、

この「将軍」は6部作の中で1975年に書かれた

3作目だそうです。

全く知らなかったのですがベストセラー作家らしく、、、、

「6部作全部読みました」とか言ったら

めっちゃかっこいいな。

 

あと、これ↓

これも結構ちょいちょい話題にのぼります。

全く聞いたことない本ですが、

外国人には有名らしいです。

これもガイドとしては知ってないとですね。

Memoirs of a Geisha (Vintage Contemporaries) (English Edition)

Memoirs of a Geisha (Vintage Contemporaries) (English Edition)

 

 

以上、通訳ガイドなら

遅かれ早かれ読んでおいた方が良さそうな

本の紹介でした。