通訳案内士ゆめのつれづれ日記

通訳ガイドのこととか、シングルマザーの野望のこととか

シンガポールの変わった罰金制度

こんにちは、ゆめです。

今回は、シンガポールから来た女性のお友達同士

お二人組です。(30代&40代)

4日間連続でご案内しました。

 

女性1:日本は街並みがきれいね。

シンガポールもきれいだけど。

 

ゆめ:シンガポールはつばを吐いても

罰金だと聞いたことがあります。

 

女性1:つばを吐いたら1000ドルの罰金よ。

ポイ捨ても1000ドル。

電車の中で飲食しても1000ドル。

 

女性2:面白い罰金もあるのよ。

電車にドリアンを持ち込んだら500ドルの罰金よ。

臭いから迷惑という理由。

あと、外国人観光客が気をつけないといけないのは

チューインガムを持ち込んだらなんと1万ドルの罰金。

これは高いわね。

 

(いろんな国のなまりの話から)

女性1:日本人も英語のアクセントは強いけど、

シンガポール人が話す英語はよく

Singlish(シングリッシュ)って言われるわ、笑。

中国人の英語は

Chinglish(チングリッシュ)。

 

(紅葉したもみじの写真を撮りまくる彼女たちに)

ゆめ:シンガポールってもみじはないんですか?

 

女性2:もみじはないわ。

シンガポールって年中暖かいからこんなきれいな

紅葉は見られないのよ。

これこそ「ザ・日本」だわ♡

 

女性1:そもそもシンガポールは国内に

標高の高い場所がないのよ。

シンガポールで一番標高の高い山は

標高163.63メートルよ!

日本人からしたら163メートルなんて

ちょっとした坂、みたいなもんでしょ?

だから気候の違いによる景色の違いがないので

こういう風景が珍しいのよ。

 

第二次世界大戦の話から)

ゆめ:広島は原爆で多くの一般人が死にましたが

東南アジアでは日本軍が多くの一般人を

殺したことは認識しています。

 

女性1:そうね。シンガポールでもたくさんの一般人が

死んだわ。学校でもその歴史を習うけど、

今の私たち含め、若い世代は

「過去の戦争の体験を踏まえつつも、

それを生かして平和な世の中にしていこう」という

考えを持っている。

日本軍についてシンガポールで有名な話は、

日本兵がやってきて、

妊婦のお腹を切って赤ちゃんを出して

その赤ちゃんを放り投げて

やりで突き刺した、っていう話。

これを体験した祖父母の世代は

日本に対して悪い感情を持っているけれど

私たち若い世代はもう二度とこんなことが

起きないようにすればいい、という考え方を

しているわ。

 

ゆめ:こわっっ。戦争で何が行われていたのか

知らないことが多すぎると思います。

きちんと過去を知って

いい未来にしていかないといけないですね。

 

罰金、ドリアンには笑っちゃいました。

こんな罰金、他の国にはきっとないでしょうね。