通訳案内士ゆめのつれづれ日記

通訳ガイドのこととか、シングルマザーの野望のこととか

オーストラリア人が経験したすごい翻訳ミス

こんにちは、ゆめです。

 

今回は、オーストラリアのメルボルンから来た

60代のご夫婦です。

 

 

(戦争体験の話から)

夫: 僕は仕事柄、パプアニューギニアとかフィリピンとか

よく行くんだけど、

あそこは第二次世界対戦の爪跡がまだ

生々しく残っているところも多いね。

 

ゆめ:そうですよね。どれだけ多くの命がそこで奪われたのか

考えると胸が痛いです。

私の祖父も中国に出征したまま帰って来ませんでした。

どの人にとっても戦争体験は悲惨なものですよね。

 

夫: 僕の父もどこの島だか忘れたけど太平洋の島で

第二次世界対戦中に連合国側で従軍して、

多くの味方を失いながらも生還したんだよ。

でも、亡くなるまで

その時のことについては一切話さなかった。

口では言い表せない悲惨な経験をしたとだけ

言ってたよ。

でもさ、たったの一世代、時代が変わっただけで

僕たちはこんなに楽しい一日を一緒に過ごしている。

これって素晴らしいことだと思わない?

 

ゆめ: 本当ですね!!

戦争は人間の心を狂わせます。

二度と起きてはいけないことです。

 

(仕事の話題から)

夫: 今では日本人とビジネスをしても

英語のできる人が増えてきたから困ることも

減ったんだけどね、

昔、高圧の水道ホースを外国に売ろうとした時の話ね。

色んな書類を用意しなきゃいけないでしょ。

書類をこっちで日本語に

あれこれ訳してもらって

さぁ、輸出しようとした時、

ただの水道ホースがどういうわけか大量破壊兵器って

訳されててね、笑。

事前にわかったからよかったけど

一体どの過程でどう間違えたらホースが

大量破壊兵器になるんだ!!って焦ったことがあるよ。

今じゃ、完全に笑い話だけどね。

 

(家族の話題から)

妻: 私たちの息子は今21歳なんだけど、

大学をちょっと休んで北海道のスキー場で

住み込みで働いているのよ。

今、ご存知の通り、海外の

スキー客がたくさん北海道に押し寄せてるでしょ。

英語が話せるスタッフが必要、てことでね。

息子から、日本はいい国だから遊びにおいで、

って声かけてもらったのよ。

北海道のスキー場行ったけど、

素晴らしいパウダースノーだったわ。

オーストラリアでもスキーできるけど

あんなパウダースノーにはお目にかかれない。

感動したわ。

 

最近私はオーストラリア人遭遇率が

ものすごく高いですが、

その多くがスキーをしに日本に来ていることに

驚きます。

日本のパウダースノー、すごいんですね。