駆け出し通訳案内士のつれづれ日記

「王道」じゃない道を鼻歌うたいながら生きていく〜

意外に聞かれる、点字ブロック

通訳ガイドの仕事をしていると、

日本では当たり前のことを聞かれて

びっくりすることがあります。

 

予想外によく聞かれて

びっくりしたことの一つが、これ。

 

f:id:rainbow1024:20170603120136j:plain

 

点字ブロックです。

 

目の見えない人が踏んで

足の裏の感覚でわかりやすいように

デザインされています。

 

 

まっすぐな棒のが、

「このまま進んでください」

f:id:rainbow1024:20170603115314j:plain

 

 

ドットのが、

階段の前とか横断歩道の手前、

道が2方向に分かれる場所など、

注意を喚起するものですね。

f:id:rainbow1024:20170603115417j:plain

 

 

これが外国人のお客さんの目には

不思議にうつるようです。

 

ネットで調べてみたのですが、

アメリカやイギリスなど、

海外でもいろんな国や都市で

設置されているようですが、

もしかするとあまり一般的には

知られていないのかもしれないですね。

 

これまでアメリカ人を含め、

何度かお客さんに

「これはなに?」と聞かれ、

 

私が

「目が見えない人が安全に

道を歩けるようにするためのものですよ」

と答えると、

 

「日本はなんて視覚障害者に

やさしい国なの!!」

 

「アメリカでは目が見えなかったら、

一人で出歩くのは難しいわ、きっと」

 

などとびっくりされました。

 

アメリカは車社会ですし、

あまり歩道に注意を払っていないのかも

しれませんね。