駆け出し通訳案内士のつれづれ日記

「王道」じゃない道を鼻歌うたいながら生きていく〜

外国人バスツアーでウケたネタ

バスツアーの時は、

バスの中でのトーク

わりとこちらから一方的に話を進めますが、ちょくちょくお客さんの方からも

質問が出ます。

 

車窓から見たものを指さして

「あれは何?」とか。

 

少し前ですが、

とても楽しく盛り上がってる感じの

バスツーの途中で、

ゆめがサラリと日本の歴史について

話したところ、

 

一人のお客さんが

バスの中で私に質問しました。

 

「サムライって、もういないんですか?」

 

普通だと、

「19世紀の終わりに

江戸時代が終わると同時に

サムライの制度は廃止されました」

みたいな答えになりますよね。

 

この日は

冗談ばかりが飛び交う

バスツアーだったので、わたしも

 

「サムライは

19世紀の終わりに絶滅しました」

と答えました。

 

 

すると、

冗談好きな別のお客さんがさらに

「サムライが見たいなぁ、

ほんとに絶滅したの?」

 

またまたこのネタで

引っ張ろうとするので、こう答えました。

 

「はい、残念ですが絶滅しました。

トム・クルーズが最後のサムライ(ラスト・サムライ)です」

 

このネタ、とてもウケました。

 

ガイドで使うチャンスがあったら

どうぞ使ってください。

 

でも、これは、

トム・クルーズの映画

ラスト・サムライ

がわかる国(欧米?)の

中高年以上の方、対象のネタですね。

 

英語のガイドは

世界中、いろんな国からのお客さんを

案内するので

その国の人がわかる話を心がけています。